ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] 文字列をROWID型に変換する(CHARTOROWID)

投稿日:2017年8月6日 更新日:

文字列をROWID型に変換するには、chartorowid関数を使用します。

サンプル

例)文字列「AAARF7DDGJJKUgfEKM」をROWID型に変換して条件比較する

解説

  • ROWID型に変換せず文字列のままでも、rowidと比較可能です。
    例)SELECT * FROM test WHERE rowid = 'AAARF7DDGJJKUgfEKM';

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] データファイルが破損しているかどうか調べる(DBV)

データファイルが破損しているかどうか調べるには、DBVユーティリティを使用します。 構文 (データファイルの破損を調べる ...
ORACLE

[SQL*Plus] ファイルに記述されたSQLを実行する(@)

SQL*Plusで、ファイルに記述されたSQLを実行する方法です。 サンプル 以下のファイルをC:¥に置いたとし ...
ORACLE

[SQL*Plus] @と@@の違い

SQL*PlusでSQLファイルを実行するコマンド「@」と「@@」の違いです。 @と@@の違い まず「@hoge」のよう ...
ORACLE

[PL/SQL] コメントを付ける

PL/SQLでコメントを付けるサンプルです。 構文 (1行コメント) -- コメント (複数行コメント) /* コメント ...
ORACLE

[ORACLE] ロールに付与されている権限を確認する

ロールに付与されている権限を確認するには、ROLE_SYS_PRIVSを検索すればOKです。 サンプル 例)ロールに付与 ...

スポンサーリンク