ORACLE機能 SQL

[ORACLE] 最近実行されたSQLを確認する

投稿日:

最近実行されたSQLを確認するSQL文のサンプルです。

サンプル

例)最近実行されたSQLを確認する

実行例
SQL_ID FIRST_LOAD_TIME PARSING_SCHEMA_NAME SQL_TEXT MODULE -------------- -------------------- -------------------- ------------------------- --------- 6fan5ef9d0yf2 2018-08-01/15:00:00 TARO select * from tab SQL*Plus 7klbn2krn4p29 2018-08-01/14:00:00 JIRO select sysdate from dual ob13.exe

SQL_TEXT列が実行されたSQL文です。

解説

  • 最近実行されたSQLを確認するには、V$SQLを検索すればOKです。
  • FIRST_LOAD_TIMEに実行された日時がセットされるので、この列の降順に出力すれば最近実行された順に表示されます。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] オブジェクトの情報を取得する

オブジェクトの情報を参照するには、 OBJECTSデータディクショナリビューを参照します。 オブジェクトとは、テーブルと ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の件数を表示する(set feedback)

検索結果の件数を表示するには、feedbackを設定します。 構文 (構文) set feedback [on|off| ...
ORACLE

[PL/SQL] CASE文を使う

PL/SQLでのCASEサンプルです。 構文 (CASE文の構文) CASE <値>  WHEN <比較値1> THEN ...
ORACLE

[ORACLE] 権限・ロールの付与を行う

権限・ロールの付与を行うには、GRANTを使用します。 構文 (権限・ロールの付与を行う) GRANT <権限名、ロール ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01741: 長さゼロの識別子は無効です。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01741: 長さゼロの識別子は無効です。 (英語) ORA-01741 ...

スポンサーリンク