ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

投稿日:

スケジューラジョブを削除したい場合は、
DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。

サンプル

例)ジョブ「test_job」を削除する

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[データディクショナリ] プロファイル情報を取得する

プロファイルの情報を参照するには、 PROFILESデータディクショナリビューを参照します。 PROFILESデータディ ...
ORACLE

[SQL*Plus] 自動コミットを設定する(set autocommit)

自動コミットを設定するには、「autocommit」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show autoc ...
ORACLE

[ORACLE] 同じ構成の2つのテーブルのデータの差分を取得するSQL

同じ構成の2つのテーブルの差分を取得するSQL文です。 サンプルSQL 例)同構成の2つのテーブル「m_dept1」「m ...
ORACLE

[SQL] SELECT結果をくっつける(UNION)

SELECTした結果をくっつけて表示するには、UNIONを使用します。 UNIONは集合演算子のひとつです。 構文 UN ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを変更する(DBMS_SCHEDULER.SET_ATTRIBUTE)

スケジューラジョブの設定を変更するには、DBMS_SCHEDULER.SET_ATTRIBUTEパッケージを使用します。 ...

スポンサーリンク