ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

投稿日:

スケジューラジョブを削除したい場合は、
DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。

サンプル

例)ジョブ「test_job」を削除する

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[サンプル共通関数] 現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFunction

現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFUNCTIONサンプルです。 サンプルソース 例)現在日付をYYYYMMD ...
ORACLE

[ORACLE] タブ文字や改行文字などの特殊文字を使用する

タブ文字や改行文字などの特殊文字をINSERT、UPDATEしたい場合は、CHR()関数を使用します。 サンプル 例)タ ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルにひも付くINDEX名を確認する

テーブルにひも付くINDEX名を確認する方法です。 サンプル 例)テーブルにひも付くINDEX名を確認するSQL [cr ...
ORACLE

[SQL*Plus] SGAの情報を表示する(show sga)

SQL*PlusでSGAの情報を表示するには、show sgaコマンドを使います。 サンプル 例)SGAの情報を表示する ...

スポンサーリンク