ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

投稿日:

スケジューラジョブを削除したい場合は、
DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。

サンプル

例)ジョブ「test_job」を削除する

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[DBMSパッケージ] 乱数を取得する(DBMS_RANDOM)

乱数を取得するには、DBMS_RANDOMパッケージを使用します。 サンプル 例)0以上1未満の小数値を取得する SQL ...
ORACLE

[ORACLE] プロシージャやファンクションのソースを確認する

プロシージャやファンクションのソースを確認するサンプルです。 サンプル 例)プロシージャ「p_test」のソースを確認す ...
ORACLE

[SQL*Plus] SGAの情報を表示する(show sga)

SQL*PlusでSGAの情報を表示するには、show sgaコマンドを使います。 サンプル 例)SGAの情報を表示する ...
ORACLE

[ORACLE] トリガーのソースを表示する

トリガーのソースを表示するSQLです。 サンプル 例)トリガーのソースを確認する [crayon-5d0a11f25f0 ...
ORACLE

[PL/SQL] ループ処理中にスキップする(CONTINUE)

ループ処理中にカレント処理をスキップして次のループ処理を行うには、 CONTINUEを使用します。 サンプル 以下2つの ...

スポンサーリンク