ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

投稿日:

スケジューラジョブを削除したい場合は、
DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。

サンプル

例)ジョブ「test_job」を削除する

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 画面をクリアする(clear screen)

SQL*Plusコンソール画面をクリアするには、clear screenコマンドを使います。 サンプル 例)SQL*Pl ...
ORACLE

[SQL] WHERE句で範囲指定をする(BETWEEN)

WHERE句で範囲指定したい場合は、BETWEENを使用します。 構文 (BETWEEN構文) <対象値> BETWEE ...
ORACLE

[ORACLE] バインド変数を使用したSQLでバインド変数の中身を参照する

バインド変数を使用したSQLでバインド変数の中身を参照するサンプルです。 サンプル ①バインド変数を使用したSQLを実行 ...
ORACLE

[SQL*Plus] @と@@の違い

SQL*PlusでSQLファイルを実行するコマンド「@」と「@@」の違いです。 @と@@の違い まず「@hoge」のよう ...
ORACLE

[ORACLE] テンポラリーテーブルを作成する

テンポラリーテーブル(一時表)を作成するには、 CREATE GLOBAL TEMPORARY TABLE句を使用します ...

スポンサーリンク