ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 列にデフォルト値を設定/削除する

投稿日:

列にデフォルト値を設定/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。

構文

(列にデフォルト値を設定する)
ALTER TABLE テーブル名 MODIFY 列名 DEFAULT '<値>';
(列からデフォルト値を削除する)
ALTER TABLE テーブル名 MODIFY 列名 DEFAULT NULL;

サンプル

例)テーブル「mytbl」の列「col1」にデフォルト値「hoge」を設定する

実行結果
SQL> ALTER TABLE mytbl MODIFY col1 DEFAULT 'hoge'; 表が変更されました。

例)テーブル「mytbl」の列「col1」に設定されたデフォルト値を削除する

実行結果
SQL> ALTER TABLE mytbl MODIFY col1 DEFAULT NULL; 表が変更されました。

解説

  • デフォルト値を削除するコマンドは無いので、デフォルト値をNULLとすることで同様の事を実現させています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] SYNONYM(別名)を作成する

シノニムは、テーブルやストアドなどのオブジェクトに付けた別名のことです。 シノニムを作成すると、シノニム名でオブジェクト ...
ORACLE

[ORACLE] SAVEPOINTを使用する

SAVEPOINTを使用するサンプルです。 セーブポイントを使うと、部分的にロールバックをすることができます。 サンプル ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

スケジューラジョブを削除したい場合は、 DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。 サンプル ...
ORACLE

[V$表] セッションの情報を取得する(V$SESSION)

セッションの情報を参照するには、V$SESSIONビューを参照します。 V$SESSIONの定義 V$SESSIONの定 ...
ORACLE

[データディクショナリ] 表の統計情報変更履歴を取得する

表の統計情報変更履歴を参照するには、XXX_TAB_STATS_HISTORYデータディクショナリビューを参照します。 ...

スポンサーリンク