ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] ネットワークの接続テストを行う(tnsping)

投稿日:

オラクルの接続文字列が正しくネットワーク接続できるかどうか確認するには、
tnspingコマンドを使用します。

構文

(ネットワークの接続テストを行う)
tnsping <接続文字列>

実行サンプル

例)接続文字列「host01」が接続できるかどうかテストする

実行例
C:\>tnsping host01 TNS Ping Utility for 64-bit Windows: Version 12.2.0.1.0 - Production on 20-3月 -2018 20:54:01 Copyright (c) 1997, 2016, Oracle. All rights reserved. パラメータ・ファイルを使用しました: C:\app\product\12.2.0\client_1\Network\Admin\sqlnet.ora エイリアスを解決するためにTNSNAMESアダプタを使用しました。 (DESCRIPTION = (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 999.999.999.999)(PORT = 1521)) (CONNECT_DATA = (SERVER = DEDICATED) (SERVICE_NAME = ora01)))に接続の試行中 OK (10ミリ秒)

tnsnames.oraには以下のように定義してあるとします。

(tnsnames.ora)
host01 = (DESCRIPTION = (ADDRESS = (PROTOCOL = TCP)(HOST = 999.999.999.999)(PORT = 1521)) (CONNECT_DATA = (SERVER = DEDICATED) (SERVICE_NAME = ora01) ) )

接続文字列は上記でいうと、"host01"の箇所の文字列を指します。

解説

  • 接続文字列を使って正常にネットワーク接続できると上記例のように表示されます。
  • 接続できない時は、エラー内容が表示されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク