ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] ループを抜ける(EXIT)

投稿日:

PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。

サンプル

以下2つのサンプルは同じ動きをします。

書き方1)cntが3以上になったらループを抜ける

書き方2)cntが3以上になったらループを抜ける

結果
SQL> / カウント:1 カウント:2 PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

解説

  • DBMS_OUTPUTでコンソールに文字列を出力するには、「set serveroutput on」コマンドを実行しておく必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-01565: ファイル'XXX'の識別中にエラーが発生しました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01565: ファイル'XXX'の識別中にエラーが発生しました (英語) ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです ...
ORACLE

[SQL*Plus] 1行に収まらない場合の表示を設定する(set wrap)

1行に収まらない場合の表示を設定するには、「wrap」システム変数を使用します。 短縮形は「wra」です。 構文 (表示 ...
ORACLE

[集計関数] 件数を求める(COUNT)

検索結果を集計して件数を求めるには、COUNTを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル列定義とコメントを表示する

テーブル列定義とコメントを表示するSQLです。 サンプル 例)テーブル「M_USER」の列定義とコメントを表示する [c ...

スポンサーリンク