ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] ループを抜ける(EXIT)

投稿日:

PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。

サンプル

以下2つのサンプルは同じ動きをします。

書き方1)cntが3以上になったらループを抜ける

書き方2)cntが3以上になったらループを抜ける

結果
SQL> / カウント:1 カウント:2 PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。

解説

  • DBMS_OUTPUTでコンソールに文字列を出力するには、「set serveroutput on」コマンドを実行しておく必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] SELECT文の中で条件判定を行う(DECODE)

SELECT文の中で条件分岐を行うには、DECODE関数を使用します。 構文 DECODEの構文は以下の通りです。 (構 ...
ORACLE

[ORACLE] デフォルトの日付フォーマットを確認する

オラクルで使用されるデフォルトの日付フォーマットを確認する方法です。 DATE型のデフォルトフォーマットを確認する 例) ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを作成する(DBMS_SCHEDULER.CREATE_JOB)

オラクルでは、スケジューラーを作成してプロシージャやexeなどのプログラムを自動実行することができます。 スケジューラー ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] 乱数を取得する(DBMS_RANDOM)

乱数を取得するには、DBMS_RANDOMパッケージを使用します。 サンプル 例)0以上1未満の小数値を取得する SQL ...
ORACLE

[PL/SQL] 条件値がnullでない場合のみ検索条件に含める

条件値がnullの場合は検索条件とせず、nullでない場合のみ検索条件とするサンプルです。 サンプルコード 例)valが ...

スポンサーリンク