ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 引数を参照渡しにする(NOCOPY)

投稿日:

ストアドプロシージャ や ファンクションの引数を参照渡しにしたい場合は
NOCOPY キーワードを使用します。

解説

ORACLEの引数にはIN、OUT、IN OUT の3種類がありますが、
デフォルトでは以下の動きをします。

  • IN ⇒ 参照渡し(但し、代入は不可)
  • OUT ⇒ 値渡し
  • IN OUT ⇒ 値渡し

なので、NOCOPYを使う時は 「OUT」または「IN OUT」に対して使用します。

例)引数にNOCOPYを指定したサンプル

備考

  • INはデフォルトで参照渡しなのでNOCOPYを指定する必要はありません。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク