ORACLE機能 SQL

[ORACLE] オブジェクトの作成日時、更新日時を取得する

投稿日:2019年4月26日 更新日:

オブジェクトの作成日時、更新日時を取得するSQL文です。

サンプル

例)ログインユーザが保持する全てのオブジェクトの作成日と最終更新日を表示する

例)ログインユーザが保持する全てのテーブルの作成日と最終更新日を表示する

OBJECT_TYPEには、TABLE、INDEX、VIEW、SYNONYM、PACKAGE、PACKAGE BODY、FUNCTION、PROCEDURE などが指定できます。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] ログインユーザを確認する(show user)

SQL*Plusでログインユーザを確認するには、show userコマンドを使います。 サンプル 例)ログインユーザ名を ...
ORACLE

[ORACLE] SAVEPOINTを使用する

SAVEPOINTを使用するサンプルです。 セーブポイントを使うと、部分的にロールバックをすることができます。 サンプル ...
ORACLE

[データディクショナリ] 制約の情報を取得する

制約の情報を参照するには、 CONSTRAINTSデータディクショナリビューを参照します。 CONSTRAINTSデータ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01422: 完全フェッチがリクエストよりも多くの行を戻しました。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01422: 完全フェッチがリクエストよりも多くの行を戻しました。 (英 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 指定した日が属する月末日を求める(LAST_DAY)

指定した日が属する月の月末日を求めるには、LAST_DAY関数を使用します。 構文 (LAST_DAY構文) LAST_ ...

スポンサーリンク