ORACLE機能 SQL

[ORACLE] オブジェクトの作成日時、更新日時を取得する

投稿日:2019年4月26日 更新日:

オブジェクトの作成日時、更新日時を取得するSQL文です。

サンプル

例)ログインユーザが保持する全てのオブジェクトの作成日と最終更新日を表示する

例)ログインユーザが保持する全てのテーブルの作成日と最終更新日を表示する

OBJECT_TYPEには、TABLE、INDEX、VIEW、SYNONYM、PACKAGE、PACKAGE BODY、FUNCTION、PROCEDURE などが指定できます。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[DBMSパッケージ] 乱数を取得する(DBMS_RANDOM)

乱数を取得するには、DBMS_RANDOMパッケージを使用します。 サンプル 例)0以上1未満の小数値を取得する SQL ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01861: リテラルが書式文字列と一致しません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01861: リテラルが書式文字列と一致しません (英語) ORA-01 ...
ORACLE

[データディクショナリ] オブジェクトの情報を取得する

オブジェクトの情報を参照するには、 OBJECTSデータディクショナリビューを参照します。 オブジェクトとは、テーブルと ...
ORACLE

[ORACLE] SQL*Plusの接続と同時にスクリプトを実行する

SQL*Plusの接続と同時にスクリプトを実行する方法です。 構文 sqlplusで接続する時に以下のようにスクリプトを ...
ORACLE

[SQL] 副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とする(EXISTS)

副問い合わせの結果が存在する場合のみ検索対象とするには、EXIST句を使用します。 サンプル 例)TBL_AからTBL_ ...

スポンサーリンク