ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 独自例外を生成して投げる(RAISE)

投稿日:

独自例外を生成して投げるサンプルです。

サンプル

例)独自例外を生成して投げるプロシージャ

上記サンプルはコピペしても実行できません。

解説

  • 独自例外を生成して投げるには独自EXCEPTIONを定義(4行目)した上で、独自例外を発生させたい箇所でRAISE(10行目)をすればOKです。
  • 標準のEXCEPTIONと同じように、EXCEPTIONエリアで拾う事も可能です。(14行目)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを現在認識していません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12514: TNS: リスナーは接続記述子でリクエストされたサービスを ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01427: 単一行副問合せにより2つ以上の行が戻されます

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01427: 単一行副問合せにより2つ以上の行が戻されます (英語) O ...
ORACLE

[SQL*Plus] スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定する(set suffix)

スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定するには、「suffix」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) sh ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00955: すでに使用されているオブジェクト名です。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00955: すでに使用されているオブジェクト名です。 (英語) ORA ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の件数を表示する(set feedback)

検索結果の件数を表示するには、feedbackを設定します。 構文 (構文) set feedback [on|off| ...

スポンサーリンク