ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 独自例外を生成して投げる(RAISE)

投稿日:

独自例外を生成して投げるサンプルです。

サンプル

例)独自例外を生成して投げるプロシージャ

上記サンプルはコピペしても実行できません。

解説

  • 独自例外を生成して投げるには独自EXCEPTIONを定義(4行目)した上で、独自例外を発生させたい箇所でRAISE(10行目)をすればOKです。
  • 標準のEXCEPTIONと同じように、EXCEPTIONエリアで拾う事も可能です。(14行目)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 奇数のデータのみ検索する

奇数のデータのみ検索するサンプルです。 サンプル 例)test_tblテーブルのcol1カラムが奇数のレコードを抽出する ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 正しい日付文字列かどうかチェックするFunction

引数に渡された値が正しい日付文字列かどうかを判定するFUNCTIONです。 サンプルソース 例)値がYYYYMMDD形式 ...
ORACLE

[SQL*Plus] プロシージャやファンクションの引数を確認する

プロシージャやファンクションの引数を確認するには、descを使用します。 サンプル 例)プロシージャ「p_test」の引 ...
ORACLE

[ORACLE] データベースで使用している文字コードを取得する

データベースで使用している文字コードを取得するには、NLS_DATABASE_PARAMETERSを検索します。 サンプ ...
ORACLE

[PL/SQL] 条件値がnullでない場合のみ検索条件に含める

条件値がnullの場合は検索条件とせず、nullでない場合のみ検索条件とするサンプルです。 サンプルコード 例)valが ...

スポンサーリンク