ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 独自例外を生成して投げる(RAISE)

投稿日:

独自例外を生成して投げるサンプルです。

サンプル

例)独自例外を生成して投げるプロシージャ

上記サンプルはコピペしても実行できません。

解説

  • 独自例外を生成して投げるには独自EXCEPTIONを定義(4行目)した上で、独自例外を発生させたい箇所でRAISE(10行目)をすればOKです。
  • 標準のEXCEPTIONと同じように、EXCEPTIONエリアで拾う事も可能です。(14行目)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[標準パッケージ] ファイルを削除する(UTL_FILE.FREMOVE)

ファイルを削除するには、UTL_FILE.FREMOVEを使用します。 構文 (ファイル存在チェックを行う) UTL_F ...
ORACLE

[ORACLE] 連続文字を桁数指定で出力する

連続する文字を桁数指定で出力するサンプルです。 ※VBのString関数のようなものです。 サンプル 例)「*」を10個 ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の使用量を確認する

表領域のサイズ、使用量、空き容量、使用割合を確認するSQLです。 サンプル 例)表領域のサイズ、使用量、空き容量、使用割 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルに設定されている制約を確認する

テーブルに設定されている制約を確認するには、CONSTRAINTSデータディクショナリビューを検索すればOKです。 サン ...
ORACLE

[SQL] DECODE句を使って値ごとの件数を取得する

DECODE句を使って列の値ごとの件数を取得するサンプルです。 サンプルソース 例)M_TBLテーブルのkbn列の値ごと ...

スポンサーリンク