ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 制約の有効/無効を切り替える

投稿日:

制約を一時的に有効にしたり無効にしたりするには、ALTER TABLE~ENABLE(DISABLE) CONSTRAINT句を使用します。

構文

(制約を有効にする)
ALTER TABLE テーブル名 ENABLE CONSTRAINT 制約名;
(制約を無効にする)
ALTER TABLE テーブル名 DISABLE CONSTRAINT 制約名;

サンプル

例)mytbl表の制約(制約名:seiyaku01)を無効にする

例)mytbl表の制約(制約名:seiyaku01)を有効にする

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


  1. […] 参考サイトはこちら [ORACLE] 制約の有効/無効を切り替える […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 検索結果のグループ単位に件数を取得する(COUNT~OVER PARTITION BY)

GROUP BY句を使用せずに検索結果のグループ単位に件数を取得するには、 COUNT~OVER(PARTITION B ...
ORACLE

[データディクショナリ] 権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_RECDデータディクショ ...
ORACLE

[データディクショナリ] 制約の情報を取得する

制約の情報を参照するには、 CONSTRAINTSデータディクショナリビューを参照します。 CONSTRAINTSデータ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-30006: リソース・ビジー; WAITタイムアウトの期限に達しました。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-30006: リソース・ビジー; WAITタイムアウトの期限に達しました ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] エラーのトレース内容を出力する

エラーのトレース内容を出力するには、DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_BACKTRACEを使用します。 ...

スポンサーリンク