ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 制約の有効/無効を切り替える

投稿日:

制約を一時的に有効にしたり無効にしたりするには、ALTER TABLE~ENABLE(DISABLE) CONSTRAINT句を使用します。

構文

(制約を有効にする)
ALTER TABLE テーブル名 ENABLE CONSTRAINT 制約名;
(制約を無効にする)
ALTER TABLE テーブル名 DISABLE CONSTRAINT 制約名;

サンプル

例)mytbl表の制約(制約名:seiyaku01)を無効にする

例)mytbl表の制約(制約名:seiyaku01)を有効にする

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


  1. […] 参考サイトはこちら [ORACLE] 制約の有効/無効を切り替える […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] @と@@の違い

SQL*PlusでSQLファイルを実行するコマンド「@」と「@@」の違いです。 @と@@の違い まず「@hoge」のよう ...
ORACLE

[ORACLE] パスワードの大文字小文字を区別しないようにする

Oracle11g以降のバージョンから、データベースにログインする時のパスワードが大文字小文字区別されるようになりました ...
ORACLE

[集計関数] 件数を求める(COUNT)

検索結果を集計して件数を求めるには、COUNTを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...
ORACLE

[SQL] 検索結果のグループ化を行う(GROUP BY)

検索結果のグループ化を行うには、GROUP BY句を使用します。 サンプルソース 例)bumon_cd単位の件数を取得す ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオンに変更する

表領域の自動拡張をオンに変更するサンプルです。 自動拡張の設定は表領域単位ではなくデータファイル単位で行うため、  デー ...

スポンサーリンク