ORACLE機能

[ORACLE] オブジェクトのステータスを取得する

投稿日:

オブジェクトのステータスを取得するには、all_objectsデータディクショナリのstatus列を確認すればOKです。

サンプル

例)自身がアクセスできるすべてのオブジェクトの名称とステータスを表示する

SQL*Plus
select object_name, object_type, status from all_objects;

例)自身がアクセスできるすべてのオブジェクトで「無効」となっているものを検索する

SQL*Plus
select object_name, object_type from user_objects where status = 'INVALID';

解説

  • status列は以下2つの値があります。
    VALID:有効
    INVALID:無効

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] ORAエラー番号からメッセージを確認する(sqlerrm)

ORAエラー番号からメッセージを確認したい場合は、sqlerrmを使用します。 サンプル 例)ora-00942のメッセ ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオンに変更する

表領域の自動拡張をオンに変更するサンプルです。 自動拡張の設定は表領域単位ではなくデータファイル単位で行うため、  デー ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01821: 日付書式コードが無効です

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01821: 日付書式コードが無効です (英語) ORA-01821: ...
ORACLE

[ORACLE] 最近実行されたSQLを確認する

最近実行されたSQLを確認するSQL文のサンプルです。 サンプル 例)最近実行されたSQLを確認する [crayon-5 ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのデフォルト表領域を変更する

ユーザのデフォルト表領域(テーブルスペース)を変更するSQL文サンプルです。 サンプル 例)ユーザ「taro」のデフォル ...

スポンサーリンク