ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] オブジェクトの情報を取得する

投稿日:2017年4月10日 更新日:

オブジェクトの情報を参照するには、
OBJECTSデータディクショナリビューを参照します。


オブジェクトとは、テーブルとかビューなどのオラクルで作られる要素です。

OBJECTSデータディクショナリの種類

OBJECTSデータディクショナリビューには以下3種類があります。

【OBJECTSデータディクショナリビューの種類】
DBA_OBJECTS全てのOBJECT情報を対象とする ※権限が必要
ALL_OBJECTSログインユーザが参照可能なOBJECTを対象とする
USER_OBJECTSログインユーザが保持するOBJECTを対象とする

OBJECTSデータディクショナリの定義

OBJECTSデータディクショナリの定義です。

(DBA/ALL/USERの違いは、OWNER列のありなしのみです。)

【OBJECTSデータディクショナリ】
列名メモ
OWNERVARCHAR2(128)所有者
※DBA_OBJECTS/ALL_OBJECTSのみ
OBJECT_NAMEVARCHAR2(128)オブジェクト名
SUBOBJECT_NAMEVARCHAR2(128)サブオブジェクト名
OBJECT_IDNUMBERオブジェクトID
DATA_OBJECT_IDNUMBER
OBJECT_TYPEVARCHAR2(23)オブジェクトの種類(TABLE、INDEX、VIEW、SYNONYM、PACKAGE、PACKAGE BODY、FUNCTION、PROCEDURE など)
CREATEDDATEオブジェクトの作成日時
LAST_DDL_TIMEDATEオブジェクトの最終更新日時
TIMESTAMPVARCHAR2(19)作成日時の文字列表現
STATUSVARCHAR2(7)オブジェクトの状態(VALID、INVALID)
TEMPORARYVARCHAR2(1)Y:一時オブジェクト N:一時オブジェクトでない
GENERATEDVARCHAR2(1)Y:名前がシステムによりつけられた N:否
SECONDARYVARCHAR2(1)
NAMESPACENUMBER
EDITION_NAMEVARCHAR2(128)

サンプル

例)'TARO'が所有しているOBJECTの一覧を取得する

メモ

  • OBJECT_NAMEを検索条件とする場合、必ず大文字で指定してください。
  • DBA_OBJECTSを検索する場合は、すべてのOBJECTを参照する権限が必要です。
  • USER_OBJECTSは、「obj」シノニムでもアクセス可能です。
    (例)SELECT * FROM obj;

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] データベースで使用している文字コードを取得する

データベースで使用している文字コードを取得するには、NLS_DATABASE_PARAMETERSを検索します。 サンプ ...
ORACLE

[データディクショナリ] ログインユーザが所有するオブジェクトに関するアクセス権限を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_MADEデータディクショ ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域に対応するデータファイルを確認する

表領域に対応するデータファイルを確認するサンプルです。 サンプル 例)表領域に対応するデータファイルを確認するSQL [ ...
ORACLE

[ORACLE] 初期化パラメータの値を取得する

初期化パラメータの値を取得する方法です。 SQL*Plusコマンドを使う方法と、V$表を検索する方法の2パターンがありま ...
ORACLE

[SQL] カラムを結合した結果をSELECTしたい

カラムを結合した結果をSELECTするには、カラムを「||」でくっつければOKです。 サンプル 例)PREF_NM、CI ...

スポンサーリンク