ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] ビューの情報を取得する

投稿日:2017年3月11日 更新日:

VIEW(ビュー)の情報を参照するには、
VIEWSデータディクショナリビューを参照します。

VIEWSデータディクショナリの種類

VIEWSデータディクショナリビューには以下3種類があります。

【VIEWSデータディクショナリビューの種類】
DBA_VIEWS全てのVIEW情報を対象とする ※権限が必要
ALL_VIEWSログインユーザが参照可能なVIEWを対象とする
USER_VIEWSログインユーザが保持するVIEWを対象とする

VIEWSデータディクショナリの定義

VIEWSデータディクショナリの定義です。

(DBA_VIEWS/ALL_VIEWS/USER_VIEWSの違いは、OWNER列のありなしのみです。)

【VIEWSデータディクショナリ】
列名メモ
OWNERVARCHAR2ビューの所有者
※DBA_VIEWS/ALL_VIEWSのみ
VIEW_NAMEVARCHAR2ビュー名
TEXT_LENGTHNUMBERビューソースのサイズ
TEXTLONGビューのソース
TYPE_TEXT_LENGTHNUMBER
TYPE_TEXTVARCHAR2
OID_TEXT_LENGTHNUMBER
OID_TEXTVARCHAR2
VIEW_TYPE_OWNERVARCHAR2
VIEW_TYPEVARCHAR2
SUPERVIEW_NAMEVARCHAR2
EDITIONING_VIEWVARCHAR2
READ_ONLYVARCHAR2読み取り専用かどうか
(Y:読取専用 N:読取専用でない)
※Oracle11gの定義です。

サンプル

VIEWSデータディクショナリビューを検索するサンプルです。

メモ

  • VIEW_NAMEを検索条件とする場合、VIEW名は必ず大文字で指定してください。
  • DBA_VIEWSを検索する場合は、すべてのVIEWを参照する権限が必要です。
  • ソースはTEXTカラム1か所に1VIEW分のソースが格納されています。
  • SQL/Plus で検索する時は、「set pagesize 0」「set long 10000」とやっておくと見やすいです

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 主キーの定義内容を確認する

主キーの定義内容を確認するSQLサンプルです。 サンプル 例)mytblテーブルの主キーの定義内容(対象列)を表示する ...
ORACLE

[ORACLE] 初期化パラメータ変更時の反映タイミングを調べる

初期化パラメータの値は変更することができますが、変更値が反映されるタイミングはパラメータ毎に異なります。 それらパラメー ...
ORACLE

[SQL*Plus] 1行の表示桁数を設定する(set linesize)

1行の表示桁数を設定するには、linesizeシステム変数を使用します。 構文 (表示構文) show linesize ...
ORACLE

[データディクショナリ] ログインユーザが所有するオブジェクトに関するアクセス権限を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_MADEデータディクショ ...
ORACLE

[ORACLE] tnsnames.oraの設定

オラクルクライアントからオラクルデータベースに接続するには、tnsnames.oraファイルに接続情報を設定します。 設 ...

スポンサーリンク