ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] マテリアライズドビューの再計算を行う(DBMS_MVIEW.REFRESH)

投稿日:

マテリアライズドビューの再計算を手動で行うには、DBMS_MVIEW.REFRESHパッケージを使用します。

サンプル

例)マテリアライズドビュー「mymview」の再計算を行う

実行例
SQL> exec DBMS_MVIEW.REFRESH('mymview'); PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。 SQL>

解説

  • DBMS_MVIEW.REFRESHは、マテリアライズドビューを手動でリフレッシュするパッケージです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] レコードのTYPEを定義する

レコードのTYPEを定義するサンプル3パターンです。 ①型を個別に指定するパターン、 ②既存テーブルを元に定義するパター ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル列の型やサイズを変更する

列の型やサイズを変更するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (列を定義変更する構文) AL ...
ORACLE

[PL/SQL] ループを抜ける(EXIT)

PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。 サンプル 以下2つのサンプルは同じ動きをします。 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の全角文字を半角文字にする(TO_SINGLE_BYTE)

文字列中の全角文字を半角文字にするには、TO_SINGLE_BYTE関数を使用します。 サンプル 例)全角文字を半角文字 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00984: ここでは列は使用できません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00984: ここでは列は使用できません。 (英語) ORA-00984 ...

スポンサーリンク