ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] マテリアライズドビューの再計算を行う(DBMS_MVIEW.REFRESH)

投稿日:

マテリアライズドビューの再計算を手動で行うには、DBMS_MVIEW.REFRESHパッケージを使用します。

サンプル

例)マテリアライズドビュー「mymview」の再計算を行う

実行例
SQL> exec DBMS_MVIEW.REFRESH('mymview'); PL/SQLプロシージャが正常に完了しました。 SQL>

解説

  • DBMS_MVIEW.REFRESHは、マテリアライズドビューを手動でリフレッシュするパッケージです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] 動的SQLでINSERT、UPDATE、DELETEを実行する

PL/SQL上で動的なINSERT文、UPDATE文、DELETE文を実行するには、EXECUTE IMMEDIATEを ...
ORACLE

[ORACLE] 割り算の余りを求める(MOD)

割り算の余りを求めるには、MOD関数を使用します。 サンプル 例)10÷3の余りを求める 実行例 SQL> sel ...
ORACLE

[SQL] 内部結合で結合する(INNER JOIN)

内部結合で結合するには、INNER JOIN句を使用します。 構文 (内部結合構文) テーブルA INNER JOIN ...
ORACLE

[データディクショナリ] ユーザーまたはロールに付与されたロールの情報を取得する

ユーザーまたはロールに付与されたロールの情報を参照するには、 XXX_ROLE_PRIVSデータディクショナリビューを参 ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] 文字をコンソールに出力する(DBMS_OUTPUT)

文字をコンソールに出力するには、DBMS_OUTPUTパッケージを使用します。 サンプル 例1)文字列をコンソールに出力 ...

スポンサーリンク