ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブルが属する表領域を変更する

投稿日:

テーブルが属する表領域を変更するには、ALTER~MOVE TABLESPACE句を使用します。

構文

(テーブルが属する表領域を変更する構文)
ALTER TABLE <テーブル名> MOVE TABLESPACE <移動後の表領域名>;

変更前の表領域名は指定する必要はありません。

サンプル

例)M_TESTテーブルが属する表領域を、TBS01へ変更する

実行例
SQL> ALTER TABLE m_test MOVE TABLESPACE tbs01; 表領域が変更されました。

以下のSQLで結果を確認できます。

例)M_TESTテーブルが属する表領域を確認する

実行例
SQL> SELECT table_name, tablespace_name 2 FROM user_tables 3 WHERE table_name = 'M_TEST'; TABLE_NAME TABLESPACE_NAME ----------------------- -------------------------- M_TEST TBS01

表領域を変更するとINDEXが無効になるので、
以下のSQLでインデックスの再作成も行ってください。

例)インデックスを再作成する

解説


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 小計を求める(GROUP BY ROLLUP)

小計を求めるには、GROUP BY ROLLUPを使用します。 サンプル こんな感じのテーブルを対象とします。 【M_S ...
ORACLE

[ORACLE] UNDO表領域名を調べる

UNDO表領域名を調べるサンプルです。 サンプル 例)UNDO表領域名を確認する [crayon-5def5fe1867 ...
ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の重複分を抽出する(INTERSECT)

2つのSELECT結果の重複分を抽出するには、INTERSECTを使用します。 INTERSECTは集合演算子のひとつで ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01861: リテラルが書式文字列と一致しません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01861: リテラルが書式文字列と一致しません (英語) ORA-01 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 非数値を別の数値に置き換える(NANVL)

非数値(NaN)を別の数値に置き換えるには、NANVL関数を使用します。 構文 (NANVL構文) NANVL(<対象値 ...

スポンサーリンク