ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] ユーザのデフォルト表領域を確認する

投稿日:2018年9月28日 更新日:

ユーザのデフォルト表領域を確認するSQLです。

サンプル

例)ユーザ「taro」のデフォルト表領域を確認する

実行例
SQL> SELECT username, default_tablespace 2 FROM dba_users 3 WHERE username = 'TARO'; USERNAME DEFAULT_TABLESPACE --------------- ---------------------- TARO TBS01

全ユーザのデフォルト表領域を確認したい場合は、3行目を省略してください。

解説

  • WHERE句にユーザ名を指定する時は、必ず大文字で指定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 日付型データを年月日のみで比較する

DATE型やTIMESTAMP型の日付型データを年月日のみで比較するサンプルです。 サンプル 例)updts列(TIME ...
ORACLE

[SQL*Plus] SELECT結果の列幅を指定する

SELECT結果の列幅を指定するサンプルです。 構文 (SELECTの結果の列幅を指定する) COLUMN <列名> F ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00936: 式がありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00936: 式がありません (英語) ORA-00936: Missi ...
ORACLE

[SQL] 集計した件数でソートする

集計した件数でソートするには、ORDER BY句にCOUNT関数を記述すればOKです。 サンプル 以下テーブルをサンプル ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを変更する(DBMS_SCHEDULER.SET_ATTRIBUTE)

スケジューラジョブの設定を変更するには、DBMS_SCHEDULER.SET_ATTRIBUTEパッケージを使用します。 ...

スポンサーリンク