ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] シングルクォーテーションを出力する

投稿日:

オラクルでシングルクォーテーションを出力する方法2パターンです。

SQL文で文字列を出力するには、シングルクォーテーションで囲う必要があるため、シングルクォーテーションを出力するには少し工夫が必要です。

シングルクォーテーションを重ねる方法

シングルクォーテーションを重ねて記述すればシングルクォーテーションを出力できます。

例)I'm cat. と出力する

実行例
SQL> SELECT 'I''m cat.' AS sample FROM dual; SAMPLE ---------------- I'm cat.

"I'm" のシングルクォーテーションを重ねています。

代替引用符を使用する方法

代替引用符を使用して、文字列を囲う記号を通常のシングルクォーテーションから別の文字に変更する方法です。

例)I'm cat. と出力する

実行例
SQL> SELECT q'#I'm cat.#' AS sample FROM dual; SAMPLE -------------------- I'm cat.

この例だと、文字列を囲う文字を「#」に変更しています。

解説

  • 代替引用符の書式は以下の通りです。
    (例)代替引用符を「#」とする場合 ⇒「q'# ~ #'」
  • 代替引用符に使用する文字は自由に設定できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] ループを抜ける(EXIT)

PL/SQLでループを抜ける(中断する)には、EXITを使用します。 サンプル 以下2つのサンプルは同じ動きをします。 ...
ORACLE

[SQL*Plus] データベースに接続せず、SQL*Plusのみ起動する

データベースに接続せず SQL*Plusのみ起動するには、/nologオプションを使用します。 サンプル 例)SQL*P ...
ORACLE

[データディクショナリ] ビューの情報を取得する

VIEW(ビュー)の情報を参照するには、 VIEWSデータディクショナリビューを参照します。 VIEWSデータディクショ ...
ORACLE

[ORACLE] 列にNOT NULL制約を追加/削除する

テーブルの列にNOT NULL制約を追加/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (N ...
ORACLE

[ORACLE] ビューを作成・変更・削除する

ビューを作成・変更・削除するサンプルです。 ビューを作成・変更する ビューを作成/変更するには、CREATE VIEW句 ...

スポンサーリンク