ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] 日付型の差分を月で取得する(MONTHS_BETWEEN)

投稿日:

日付型の差分を月で取得するには、MONTHS_BETWEENを使用します。

構文

(日付1と日付2の月差を取得する)
MONTHS_BETWEEN(日付1, 日付2)

日付1、日付2はDATE型で指定します。

サンプル

例)MONTHS_BETWEENのサンプル


小数点以下を切捨てたい場合は、TRUNCを使えばOKです。

解説

  • MONTHS_BETWEENは月基準の差分が小数点表記で返ります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] プロシージャやファンクションのソースを確認する

プロシージャやファンクションのソースを確認するサンプルです。 サンプル 例)プロシージャ「p_test」のソースを確認す ...
ORACLE

[SQL] キーが存在すれば更新、無ければ挿入を行う(MERGE文)

MERGE文の書き方です。 MERGE文はキーが存在すれば更新、無ければ挿入を行うという処理を 1文で記載するSQLです ...
ORACLE

[SQL] SELECT結果をくっつける(UNION)

SELECTした結果をくっつけて表示するには、UNIONを使用します。 UNIONは集合演算子のひとつです。 構文 UN ...
ORACLE

[SQL*Plus] 数値の表示桁数を設定する(set numwidth)

数値の表示桁数を設定するには、「numwidth」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show numwid ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです ...

スポンサーリンク