ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] ストアドオブジェクトのエラー情報を取得する

投稿日:

ストアドオブジェクトのエラー情報を参照するには、XXX_ERRORSデータディクショナリビューを参照します。

XXX_ERRORSデータディクショナリの種類

XXX_ERRORSデータディクショナリビューには以下3種類があります。

【XXX_ERRORSデータディクショナリビューの種類】
DBA_ERRORS全てのストアドオブジェクトのエラー情報を対象とする
※権限が必要
ALL_ERRORSユーザが参照可能なストアドオブジェクトのエラー情報を対象とする
USER_ERRORSユーザが保持するストアドオブジェクトのエラー情報を対象とする

XXX_ERRORSデータディクショナリの定義

XXX_ERRORSデータディクショナリの定義です。

【XXX_ERRORSデータディクショナリ】
列名メモ
OWNERVARCHAR2(30)オブジェクトの所有者
※DBA_ERRORS、ALL_ERRORSのみ
NAMEVARCHAR2(30)オブジェクト名
TYPEVARCHAR2(12)オブジェクト種類
(VIEW/PROCEDURE/FUNCTION/PACKAGE/PACKAGE BODY/TRIGGER/TYPE/TYPE BODY/LIBRARY/JAVA SOURCE/JAVA CLASS/DIMENSION)
SEQUENCENUMBERエラー箇所の順番
LINENUMBERエラー箇所の行番号
POSITIONNUMBERエラー箇所の位置
(行の先頭からの位置)
TEXTVARCHAR2(4000)エラーメッセージ
ATTRIBUTEVARCHAR2(9)エラーの属性
(ERROR/WARNING)
MESSAGE_NUMBERNUMBERエラー番号

サンプル

例)DBA_ERRORSデータディクショナリビューを検索する

メモ

  • OWNERやNAME列に対して検索条件を指定する場合は、大文字で指定する必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク