ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブルから主キーを削除する

投稿日:2017年9月13日 更新日:

テーブルから主キー(プライマリーキー)を削除するには、
ALTER TABLE~DROP PRIMARY KEY句を使用します。

構文

(主キーを削除する)
ALTER TABLE テーブル名 DROP PRIMARY KEY;

通常テーブルでも一時テーブルでも、同じ構文です。

サンプル

例)テーブル「MYTABLE」から主キーを削除する

実行例
SQL> ALTER TABLE mytable DROP PRIMARY KEY; 表が変更されました。

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位毎の件数を取得する(COUNT~OVER)

指定した単位毎の件数を取得するには、COUNT~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_ ...
ORACLE

[ORACLE] テンポラリーテーブルの一覧を取得する

テンポラリーテーブルの一覧を取得するSQLです。 サンプル 例)テンポラリーテーブルの一覧を取得する [crayon-5 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00918: 列の定義が未確定です。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00918: 列の定義が未確定です。 (英語) ORA-00918: c ...
ORACLE

[SQL*Plus] DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にする(set serveroutput)

DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にするには、「serveroutput」システム変数を使用します。 構文 ( ...
ORACLE

[SQL] SELECT文の中で条件判定を行う(DECODE)

SELECT文の中で条件分岐を行うには、DECODE関数を使用します。 構文 DECODEの構文は以下の通りです。 (構 ...

スポンサーリンク