ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 主キーの定義内容を確認する

投稿日:2017年9月14日 更新日:

主キーの定義内容を確認するSQLサンプルです。

サンプル

例)mytblテーブルの主キーの定義内容(対象列)を表示する

実行例
TABLE_NAME COLUMN_NAME ------------- ------------- MYTBL CODE MYTBL SEQ

解説

  • 主キーの内容を確認するには、USER_CONSTRAINTSUSER_CONS_COLUMNSデータディクショナリビューを参照します。
  • 条件に指定するテーブル名は大文字で指定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 指定桁数まで文字を埋める(LPAD, RPAD)

指定した桁数になるように、指定した文字で埋めるにはLPADまたはRPADを使用します。 構文 (左側を埋める場合) LP ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオンに変更する

表領域の自動拡張をオンに変更するサンプルです。 自動拡張の設定は表領域単位ではなくデータファイル単位で行うため、  デー ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルの作成日時/更新日時を取得する

テーブルの作成日時/更新日時を取得するサンプルです。 サンプル 例)所有するテーブル全ての作成日時と更新日時を表示する ...
ORACLE

[PL/SQL] 動的SQLでINSERT、UPDATE、DELETEを実行する

PL/SQL上で動的なINSERT文、UPDATE文、DELETE文を実行するには、EXECUTE IMMEDIATEを ...
ORACLE

[ORACLE] ORACLEクライアントが複数インストールされている環境で、どのORACLEクライアントが使われているか調べる

ORACLEクライアントが複数インストールされているマシンで、現在どのORACLEクライアントが使われているか調べる方法 ...

スポンサーリンク