ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にする(set serveroutput)

投稿日:

DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にするには、「serveroutput」システム変数を使用します。

構文

(表示構文)
show serveroutput
(設定構文)
set serveroutput [on | off]

onの後ろにバッファサイズまたは UNLIMITED を指定することも可能です。

サンプル

例)DBMS_OUTPUTからの出力を有効にする

サンプル
SQL> set serveroutput on

メモ

  • serveroutputをオンにすると、DBMS_OUTPUTでコンソールに文字を出力されるようになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果のタイトルを非表示にする(set heading)

検索結果のタイトルを非表示にするには、headingを指定します。 構文 タイトルを表示する場合はon、非表示にする場合 ...
ORACLE

[SQL/Plus] コマンドでプロシージャを実行する

SQL*Plus上のコマンドでプロシージャを実行するサンプルです。 サンプル 例1)OUTパラメータが無いプロシージャの ...
ORACLE

[ORACLE] ORACLEクライアントが複数インストールされている環境で、どのORACLEクライアントが使われているか調べる

ORACLEクライアントが複数インストールされているマシンで、現在どのORACLEクライアントが使われているか調べる方法 ...
ORACLE

[ORACLE] 初期化パラメータの値を取得する

初期化パラメータの値を取得する方法です。 SQL*Plusコマンドを使う方法と、V$表を検索する方法の2パターンがありま ...
ORACLE

[ORACLE] ディレクトリを削除する

ディレクトリを作成するには、DROP DIRECTORY文を使用します。 構文 (ディレクトリを削除する) DROP D ...

スポンサーリンク