ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にする(set serveroutput)

投稿日:

DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にするには、「serveroutput」システム変数を使用します。

構文

(表示構文)
show serveroutput
(設定構文)
set serveroutput [on | off]

onの後ろにバッファサイズまたは UNLIMITED を指定することも可能です。

サンプル

例)DBMS_OUTPUTからの出力を有効にする

サンプル
SQL> set serveroutput on

メモ

  • serveroutputをオンにすると、DBMS_OUTPUTでコンソールに文字を出力されるようになります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 割り算の余りを求める(MOD)

割り算の余りを求めるには、MOD関数を使用します。 サンプル 例)10÷3の余りを求める 実行例 SQL> sel ...
ORACLE

[PL/SQL] レコード(TYPE)の配列を作成する

レコード(TYPE)の配列を作成するサンプルです。 サンプル 例)TYPEの配列を作成して、内容を出力するプロシージャ ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01424: エスケープ文字に続く文字がないか、または無効です。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01424: エスケープ文字に続く文字がないか、または無効です。 (英語 ...
ORACLE

[PL/SQL] カーソルでFOR~IN処理を行う(暗黙カーソル)

FOR~IN構文を使ってカーソル処理を行うサンプルです。 このカーソル処理は、暗黙カーソルと呼びます。 サンプル 【te ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] エラーのトレース内容を出力する

エラーのトレース内容を出力するには、DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_BACKTRACEを使用します。 ...

スポンサーリンク