ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] 権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示する

投稿日:

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、
XXX_TAB_PRIVS_RECDデータディクショナリビューを参照します。

XXX_TAB_PRIVS_RECDデータディクショナリの種類

TAB_PRIVS_RECDデータディクショナリビューには以下2種類があります。

【TAB_PRIVS_RECDデータディクショナリビューの種類】
ALL_TAB_PRIVS_RECD現行ユーザが権限受領者であるオブジェクトと、使用可能になっているロールまたはPUBLICが権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示
USER_TAB_PRIVS_RECD現行のユーザーが権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示

XXX_TAB_PRIVS_RECDデータディクショナリの定義

TAB_PRIVS_RECDデータディクショナリの定義です。

【TAB_PRIVS_RECDデータディクショナリ】
列名メモ
GRANTEEVARCHAR2(30)アクセス権を付与されたユーザまたはロール名
※ALL_TAB_PRIVS_RECDのみ
OWNERVARCHAR2(30)オブジェクト所有者
TABLE_NAMEVARCHAR2(30)オブジェクト名
GRANTORVARCHAR2(30)権限付与したユーザ
PRIVILEGEVARCHAR2(40)オブジェクトについての権限
GRANTABLEVARCHAR2(3)権限がGRANT OPTION付きで付与されたかどうか(YES/NO)
HIERARCHYVARCHAR2(3)権限がHIERARCHY OPTION付きで付与されたかどうか(YES/NO)

サンプル

TAB_PRIVSデータディクショナリビューを検索するサンプルです。

例)ログインユーザに付与されているオブジェクト権限の一覧を表示する

メモ

  • オブジェクト名を検索条件とする場合、必ず大文字で指定してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオンに変更する

表領域の自動拡張をオンに変更するサンプルです。 自動拡張の設定は表領域単位ではなくデータファイル単位で行うため、  デー ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です (英語) OR ...
ORACLE

[ORACLE関数] 現在日時を取得する(sysdate、systimestamp)

現在日付や日時を取得するには、sysdate または systimestamp を使用します。 構文 (現在日時をDAT ...
ORACLE

[SQL*Plus] システム変数変更時に変更前と後の値を表示するように設定する(set showmode)

システム変数の変更前と後の値を表示するように設定するには、「showmode」システム変数を使用します。 構文 (表示構 ...
ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の差分抽出する(MINUS)

2つのSELECT結果の差分を抽出するには、MINUSを使用します。 厳密にいうと、最初のSELECT結果から後のSEL ...

スポンサーリンク