ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 排他制御に使用する日時文字列パターン

投稿日:

システムで排他制御に日時文字列を使用することが多いですが、オラクルから日時文字列を取得する場合のパターン例です。

サンプル

例)排他制御に使用する日時文字列パターン

実行例
SQL> select to_char(systimestamp, 'yyyymmddhh24missff3') from dual; TO_CHAR(SYSTIMESTAMP,'YYYYMMDDHH24 ---------------------------------- 20180821152105120

解説

  • 年月日時分秒ミリ秒の17桁で排他制御を行えば、まず問題は無いです。
  • systimestampからミリ秒を取得すると3桁まで取得できるので、ミリ秒は3桁としています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] JSON文字列をINSERT/SELECTする

Oracle12c(12.1)から、JSON形式のデータをカラムに登録して内容を簡単に検索することができます。 JSON ...
ORACLE

[ORACLE] Date型を指定した単位で四捨五入する(round)

Date型を指定した単位で四捨五入するには、ROUND関数を使用します。 サンプル 例)Date型日付を月単位で四捨五入 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の先頭を大文字にする(INITCAP)

文字列の先頭を大文字にするには、INITCAPを使用します。 サンプル 例)文字列'abc'の先頭のみ大文字にする SQ ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルにひも付くINDEX名を確認する

テーブルにひも付くINDEX名を確認する方法です。 サンプル 例)テーブルにひも付くINDEX名を確認するSQL [cr ...
ORACLE

[データディクショナリ] DIRECTORYの情報を取得する

DIRECTORY(ディレクトリ)の情報を参照するには、 DIRECTORIESデータディクショナリビューを参照します。 ...

スポンサーリンク