ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを有効/無効にする

投稿日:2018年1月15日 更新日:

スケジューラジョブを有効化/無効化にしたい場合は、DBMS_SCHEDULER.ENABLEDBMS_SCHEDULER.DISABLEパッケージを使用します。

サンプル

例)ジョブ'test_job'を有効化にする

例)ジョブ'test_job'を無効化にする

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位で平均値を取得する(AVG~OVER)

指定した単位で平均値を取得するには、AVG~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_SC ...
ORACLE

[ORACLE関数] 指定した日が属する月末日を求める(LAST_DAY)

指定した日が属する月の月末日を求めるには、LAST_DAY関数を使用します。 構文 (LAST_DAY構文) LAST_ ...
ORACLE

[ORACLE関数] 日付型の差分を月で取得する(MONTHS_BETWEEN)

日付型の差分を月で取得するには、MONTHS_BETWEENを使用します。 構文 (日付1と日付2の月差を取得する) M ...
ORACLE

[SQL*Plus] DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にする(set serveroutput)

DBMS_OUTPUTからの出力を有効/無効にするには、「serveroutput」システム変数を使用します。 構文 ( ...
ORACLE

[ORACLE] ディレクトリを削除する

ディレクトリを作成するには、DROP DIRECTORY文を使用します。 構文 (ディレクトリを削除する) DROP D ...

スポンサーリンク