ORACLE機能 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを有効/無効にする

投稿日:2018年1月15日 更新日:

スケジューラジョブを有効化/無効化にしたい場合は、DBMS_SCHEDULER.ENABLEDBMS_SCHEDULER.DISABLEパッケージを使用します。

サンプル

例)ジョブ'test_job'を有効化にする

例)ジョブ'test_job'を無効化にする

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] テンポラリーテーブルの一覧を取得する

テンポラリーテーブルの一覧を取得するSQLです。 サンプル 例)テンポラリーテーブルの一覧を取得する [crayon-5 ...
ORACLE

[データディクショナリ] DIRECTORYの情報を取得する

DIRECTORY(ディレクトリ)の情報を参照するには、 DIRECTORIESデータディクショナリビューを参照します。 ...
ORACLE

[ORACLE] 制御ファイルの場所を調べる

制御ファイルの場所を調べるサンプルです。 サンプル 例)制御ファイルの場所を確認する [crayon-5d636fb56 ...
ORACLE

[SQL*Plus] ページ間の空白行の数を設定する(set newpage)

ページ間の空白行の数を設定するには、「newpage」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show newp ...
ORACLE

[ORACLE] 日付型を比較する

日付型どうしを比較するには、不等号記号で比較すればOKです。 サンプル 例)test_tbl.dt列(DATE型)が'2 ...

スポンサーリンク