ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] プロシージャやファンクションのソースを確認する

投稿日:

プロシージャやファンクションのソースを確認するサンプルです。

サンプル

例)プロシージャ「p_test」のソースを確認する

SQL*Plusから実行する時は、以下の2コマンドを実行しておくと見やすいです。

SQL*Plus
SQL> set pagesize 0 SQL> set linesize 1000

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] テーブルから制約を削除する

テーブルから制約を削除するには、ALTER TABLE~DROP CONSTRAINT句を使用します。 構文 (制約を削 ...
ORACLE

[PL/SQL] WHILE文を使う

PL/SQLでのWHILE文サンプルです。 構文 (WHILE構文) WHILE <条件> LOOP  --繰り返し処理 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 数値の表示形式を設定する(set numformat)

数値の表示形式を設定するには、「numformat」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show numfo ...
ORACLE

[ORACLE] タイムゾーンを取得する

タイムゾーンを取得するには DBTIMEZONE、SESSIONTIMEZONE を使用します。 サンプル 例)データベ ...
ORACLE

[ORACLE] 権限・ロールの剥奪を行う

権限・ロールの剥奪を行うには、REVOKEを使用します。 構文 (権限・ロールの剥奪を行う) REVOKE <権限名、ロ ...

スポンサーリンク