ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] プロシージャやファンクションのソースを確認する

投稿日:

プロシージャやファンクションのソースを確認するサンプルです。

サンプル

例)プロシージャ「p_test」のソースを確認する

SQL*Plusから実行する時は、以下の2コマンドを実行しておくと見やすいです。

SQL*Plus
SQL> set pagesize 0 SQL> set linesize 1000

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] ページ間の空白行の数を設定する(set newpage)

ページ間の空白行の数を設定するには、「newpage」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show newp ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルに設定されている制約を確認する

テーブルに設定されている制約を確認するには、CONSTRAINTSデータディクショナリビューを検索すればOKです。 サン ...
ORACLE

[標準パッケージ] ファイルを削除する(UTL_FILE.FREMOVE)

ファイルを削除するには、UTL_FILE.FREMOVEを使用します。 構文 (ファイル存在チェックを行う) UTL_F ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域にデータファイルを追加する

表領域にデータファイルを追加するSQLです。 構文 例)表領域にデータファイルを追加するSQL [crayon-5d63 ...
ORACLE

[SQL] 自身が所有するテンポラリーテーブルの一覧を表示する

自身が所有するテンポラリーテーブルの一覧を表示するSQLです。 サンプル 例)自身が所有するテンポラリーテーブルの一覧を ...

スポンサーリンク