ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

投稿日:

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです。

サンプル

glogin.sqlの設定例

glogin.sql
set serveroutput on set linesize 1000 set timing on

これを設定すると以下の設定がされます。
 ① DBMS_OUTPUTで出力できる。
 ② 1行のサイズを1000文字に。
 ③ SQL実行時に実行時間を表示する。

解説

  • glogin.sqlファイルは、「%ORALE_HOME%\sqlplus\admin\glogin.sql」にあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の差分抽出する(MINUS)

2つのSELECT結果の差分を抽出するには、MINUSを使用します。 厳密にいうと、最初のSELECT結果から後のSEL ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得する

オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得するサンプルです。 オラクルサーバのバージョンを取得する サーバ側のバージ ...
ORACLE

[SQL*Plus] SQLの実行時間を測定する(set timing)

SQLの実行にかかった時間を測定するには、「timing」システムパラメータを使用します。 構文 (表示構文) show ...
ORACLE

[ORACLE] 列に一意制約を追加する

列に一意制約(ユニーク制約)を追加するには、ALTER TABLE~ADD CONSTRAINT UNIQUE句を使用し ...
ORACLE

[集計関数] 平均値を求める(AVG)

検索結果を集計して平均値を求めるには、AVGを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...

スポンサーリンク