ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

投稿日:

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです。

サンプル

glogin.sqlの設定例

glogin.sql
set serveroutput on set linesize 1000 set timing on

これを設定すると以下の設定がされます。
 ① DBMS_OUTPUTで出力できる。
 ② 1行のサイズを1000文字に。
 ③ SQL実行時に実行時間を表示する。

解説

  • glogin.sqlファイルは、「%ORALE_HOME%\sqlplus\admin\glogin.sql」にあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] ROWNUMと*を同時に検索する

*で全件検索する時に、ROWNUM等を同時に検索したい場合のサンプルです。 サンプル 例)ROWNUMとM_USERテー ...
ORACLE

[SQL*Plus] 接続先情報を確認する(define)

SQL*Plusから接続している接続先情報を確認するにはdefineを使用します。 サンプル 例)接続先情報を確認する ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルクライアントがインストールされている場所を探す

オラクルクライアントがインストールされている場所を探す方法です。 手順 オラクルクライアントがインストールされると、環境 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の列区切り文字を変更する(set colsep)

検索結果の列区切り文字を変更するには、set colsepを使用します。 構文 (表示構文) show colsep ( ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01017: ユーザー名/パスワードが無効です。ログオンは拒否されました ...

スポンサーリンク