ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行う

投稿日:

SQL*Plus起動時に毎回同じ環境設定を行うには、glogin.sqlファイルに設定したい内容を定義しておけばOKです。

サンプル

glogin.sqlの設定例

glogin.sql
set serveroutput on set linesize 1000 set timing on

これを設定すると以下の設定がされます。
 ① DBMS_OUTPUTで出力できる。
 ② 1行のサイズを1000文字に。
 ③ SQL実行時に実行時間を表示する。

解説

  • glogin.sqlファイルは、「%ORALE_HOME%\sqlplus\admin\glogin.sql」にあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク