ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] 実行したSQLを表示、編集する(list)

投稿日:2019年4月1日 更新日:

直前に実行したSQL文を表示したり編集したりするには、listコマンドを使用します。

サンプル

例1)直前に実行したSQL文を表示する

SQL*Plus
-- SQL文を実行する SQL> select 2 sysdate 3 from 4 dual 5 / SYSDATE -------- 17-05-31 -- listコマンドで直前に実行したSQLを表示する SQL> list 1 select 2 sysdate 3 from 4* dual SQL>

引き続き、2行目を修正してみます。

例2)直前に実行したSQLを一部修正して再実行する

SQL*Plus
-- 2行目を表示する SQL> 2 2* sysdate -- 2行目をsystimestampに変更する SQL> 2 systimestamp -- SQLを再実行する SQL> / SYSTIMESTAMP ------------------------------------ 17-05-31 22:34:37.408000 +09:00 SQL>

解説

  • listコマンドは、SQL*Plusのコマンドです。
  • 行番号の後ろに付いている「*」は、カレント行を表しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを復活させる

リサイクルビンからテーブルを復活させる方法です。 リサイクルビンとは、Windowsでいう「ゴミ箱」と同様のものです。 ...
ORACLE

[ORACLE] 列にデフォルト値を設定/削除する

列にデフォルト値を設定/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (列にデフォルト値を設 ...
ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の重複分を抽出する(INTERSECT)

2つのSELECT結果の重複分を抽出するには、INTERSECTを使用します。 INTERSECTは集合演算子のひとつで ...
ORACLE

[データディクショナリ] 表領域の情報を取得する

TABLESPACE(表領域)の情報を参照するには、 TABLESPACESデータディクショナリビューを参照します。 T ...
ORACLE

[ORACLE] トリガーのソースを表示する

トリガーのソースを表示するSQLです。 サンプル 例)トリガーのソースを確認する [crayon-5d0a14a2ec1 ...

スポンサーリンク