ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] 実行したSQLを表示、編集する(list)

投稿日:2019年4月1日 更新日:

直前に実行したSQL文を表示したり編集したりするには、listコマンドを使用します。

サンプル

例1)直前に実行したSQL文を表示する

SQL*Plus
-- SQL文を実行する SQL> select 2 sysdate 3 from 4 dual 5 / SYSDATE -------- 17-05-31 -- listコマンドで直前に実行したSQLを表示する SQL> list 1 select 2 sysdate 3 from 4* dual SQL>

引き続き、2行目を修正してみます。

例2)直前に実行したSQLを一部修正して再実行する

SQL*Plus
-- 2行目を表示する SQL> 2 2* sysdate -- 2行目をsystimestampに変更する SQL> 2 systimestamp -- SQLを再実行する SQL> / SYSTIMESTAMP ------------------------------------ 17-05-31 22:34:37.408000 +09:00 SQL>

解説

  • listコマンドは、SQL*Plusのコマンドです。
  • 行番号の後ろに付いている「*」は、カレント行を表しています。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位でMAX値を取得する(MAX~OVER)

指定した単位でMAX値を取得するには、MAX~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_S ...
ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の表示を1ページ毎にストップさせる(set pause)

検索結果の表示を1ページ毎にストップさせるには、set pauseを使用します。 構文 ストップさせる場合はon、ストッ ...
ORACLE

[PL/SQL] SELECT文を直接指定した暗黙カーソル

SELECT文を直接指定した暗黙カーソルのサンプルです。 サンプル 例)FOR~IN句に直接SELECT文を指定してLO ...
ORACLE

[PL/SQL] FOR文を使う

PL/SQLでのFOR文サンプルです。 構文 (開始値→終了値 順にループする) FOR <変数> IN <開始値> . ...
ORACLE

[ORACLE] ORAエラー番号からメッセージを確認する(sqlerrm)

ORAエラー番号からメッセージを確認したい場合は、sqlerrmを使用します。 サンプル 例)ora-00942のメッセ ...

スポンサーリンク