ORACLE機能

[ORACLE] テーブル名やカラム名に予約語を使う

投稿日:

テーブル名やカラム名には通常、予約語(SELECTとかINSERTなど)は使用できませんが、ダブルクォーテーションで囲うことで使用することができます。

サンプル

例)ダメな例

SELECTは予約語なので、エラー(ORA-00903やORA-00904)が発生します。

例)OKな例

SELECTは予約語ですが、ダブルクォーテーションで囲っているためOKです。

備考

  • テーブル名やカラム名に予約語を使用した場合は、そのテーブルを検索する時もダブルクォーテーションが必要になります。
  • ダブルクォーテーションで囲えばテーブル名やカラム名に予約語を使用できますが、分かりづらくなるためよっぽど特別な理由が無い限りお勧めできません。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-12545: ターゲット・ホストまたはオブジェクトが存在しないため、接続に失敗しました

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12545: ターゲット・ホストまたはオブジェクトが存在しないため、接続 ...
ORACLE

[PL/SQL] FOR文を使う

PL/SQLでのFOR文サンプルです。 構文 (開始値→終了値 順にループする) FOR <変数> IN <開始値> . ...
ORACLE

[SQL*Plus] 実行したSQLをファイルに出力する(save)

実行したSQLをファイルに出力するには、saveコマンドを使用します。 構文 (構文) save <ファイル名> [RE ...
ORACLE

[ORACLE] 奇数のデータのみ検索する

奇数のデータのみ検索するサンプルです。 サンプル 例)test_tblテーブルのcol1カラムが奇数のレコードを抽出する ...
ORACLE

[ORACLE] 列にNOT NULL制約を追加/削除する

テーブルの列にNOT NULL制約を追加/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (N ...

スポンサーリンク