ORACLE機能

[ORACLE] テーブル名やカラム名に予約語を使う

投稿日:

テーブル名やカラム名には通常、予約語(SELECTとかINSERTなど)は使用できませんが、ダブルクォーテーションで囲うことで使用することができます。

サンプル

例)ダメな例

SELECTは予約語なので、エラー(ORA-00903やORA-00904)が発生します。

例)OKな例

SELECTは予約語ですが、ダブルクォーテーションで囲っているためOKです。

備考

  • テーブル名やカラム名に予約語を使用した場合は、そのテーブルを検索する時もダブルクォーテーションが必要になります。
  • ダブルクォーテーションで囲えばテーブル名やカラム名に予約語を使用できますが、分かりづらくなるためよっぽど特別な理由が無い限りお勧めできません。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12704: キャラクタ・セットが一致しません。 (英語) ORA-12 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルから制約を削除する

テーブルから制約を削除するには、ALTER TABLE~DROP CONSTRAINT句を使用します。 構文 (制約を削 ...
ORACLE

[データディクショナリ] トリガーの情報を取得する

トリガーの情報を参照するには、 TRIGGERSデータディクショナリビューを参照します。 TRIGGERSデータディクシ ...
ORACLE

[データディクショナリ] ログインユーザが所有するオブジェクトに関するアクセス権限を表示する

権限受領者であるオブジェクトについての権限付与情報を表示するには、 XXX_TAB_PRIVS_MADEデータディクショ ...

スポンサーリンク