ORACLE機能

[ORACLE] テーブル名やカラム名に予約語を使う

投稿日:

テーブル名やカラム名には通常、予約語(SELECTとかINSERTなど)は使用できませんが、ダブルクォーテーションで囲うことで使用することができます。

サンプル

例)ダメな例

SELECTは予約語なので、エラー(ORA-00903やORA-00904)が発生します。

例)OKな例

SELECTは予約語ですが、ダブルクォーテーションで囲っているためOKです。

備考

  • テーブル名やカラム名に予約語を使用した場合は、そのテーブルを検索する時もダブルクォーテーションが必要になります。
  • ダブルクォーテーションで囲えばテーブル名やカラム名に予約語を使用できますが、分かりづらくなるためよっぽど特別な理由が無い限りお勧めできません。

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 非数値を別の数値に置き換える(NANVL)

非数値(NaN)を別の数値に置き換えるには、NANVL関数を使用します。 構文 (NANVL構文) NANVL(<対象値 ...
ORACLE

[DBMSパッケージ] 文字をコンソールに出力する(DBMS_OUTPUT)

文字をコンソールに出力するには、DBMS_OUTPUTパッケージを使用します。 サンプル 例1)文字列をコンソールに出力 ...
ORACLE

[ORACLE] プロシージャやファンクションのソースを確認する

プロシージャやファンクションのソースを確認するサンプルです。 サンプル 例)プロシージャ「p_test」のソースを確認す ...
ORACLE

[SQL*Plus] OSのコマンドを実行する(host)

SQL*PlusからOSのコマンドを実行するには、hostを使用します。 構文 (OSのコマンドを実行する) host ...
ORACLE

[ORACLE関数] 日付型の差分を月で取得する(MONTHS_BETWEEN)

日付型の差分を月で取得するには、MONTHS_BETWEENを使用します。 構文 (日付1と日付2の月差を取得する) M ...

スポンサーリンク