ORACLE機能 標準パッケージ

[標準パッケージ] 統計情報を取得する

投稿日:2018年11月2日 更新日:

統計情報を取得するには、DBMS_DDL.ANALYZE_OBJECTを使用します。

構文

(統計情報を取得する)
DBMS_DDL.ANALYZE_OBJECT('TABLE', 'スキーマ', 'テーブル名', 'COMPUTE');

サンプル

例)taro.m_tableの統計情報を取得する

SQL*Plus
SQL> exec DBMS_DDL.ANALYZE_OBJECT('TABLE', 'taro', 'm_table', 'COMPUTE');

取得した統計情報は以下SQLで参照できます。

例)統計情報を確認する



スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, 標準パッケージ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] ロールに付与されている権限を確認する

ロールに付与されている権限を確認するには、ROLE_SYS_PRIVSを検索すればOKです。 サンプル 例)ロールに付与 ...
ORACLE

[ORACLE] テンポラリーテーブルの一覧を取得する

テンポラリーテーブルの一覧を取得するSQLです。 サンプル 例)テンポラリーテーブルの一覧を取得する [crayon-5 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です (英語) OR ...
ORACLE

[PL/SQL] GOTO文を使う

GOTO文を使ったサンプルです。 GOTO文を使うと、処理を特定の場所に飛ばすことができます。 サンプル 例)引数が1の ...
ORACLE

[SQL] 内部結合で結合する(INNER JOIN)

内部結合で結合するには、INNER JOIN句を使用します。 構文 (内部結合構文) テーブルA INNER JOIN ...

スポンサーリンク