ORACLE機能 SQL

[ORACLE] 再コンパイル用のSQL文を生成する

投稿日:

再コンパイル用のSQL文を生成するSQLです。

サンプル

例)再コンパイル用のSQL文を生成する

解説

  • 上記SQLのSELECT結果をコピーして、SQL*Plusに貼り付けて実行すれば再コンパイルが実行されます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果のタイトルを非表示にする(set heading)

検索結果のタイトルを非表示にするには、headingを指定します。 構文 タイトルを表示する場合はon、非表示にする場合 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルから主キーを削除する

テーブルから主キー(プライマリーキー)を削除するには、 ALTER TABLE~DROP PRIMARY KEY句を使用 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01821: 日付書式コードが無効です

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01821: 日付書式コードが無効です (英語) ORA-01821: ...
ORACLE

[SQL*Plus] スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定する(set suffix)

スクリプトファイルのデフォルト拡張子を設定するには、「suffix」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) sh ...
ORACLE

[ORACLE] 排他ロックを行う(for update nowait)

排他ロックをかけるには、for update または、for update nowaitを使います。 構文 排他ロックに ...

スポンサーリンク