ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブルを削除する(DROP TABLE)

投稿日:

テーブルを削除するには、DROP TABLE文を使用します。

構文

(テーブルを削除する)
DROP TABLE <テーブル名> [CASCADE CONSTRAINTS] [PURGE];
【DROP TABLE文のパラメータ】
CASCADE CONSTRAINTS制約も同時に削除する場合に指定する
PURGEリサイクルビンに移さず完全に削除する場合に指定する

サンプル

例)mytblテーブルを制約と共に削除する

実行例
SQL> DROP TABLE mytbl CASCADE CONSTRAINTS; 表が削除されました。

解説

  • 特に理由が無い限り、PURGEは付けない方が安全です。
    (リサイクルビンにあればいつでも復活させることができるため。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[集計関数] 平均値を求める(AVG)

検索結果を集計して平均値を求めるには、AVGを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...
ORACLE

[PL/SQL] SELECT文を直接指定した暗黙カーソル

SELECT文を直接指定した暗黙カーソルのサンプルです。 サンプル 例)FOR~IN句に直接SELECT文を指定してLO ...
ORACLE

[ORACLE] 列にNOT NULL制約を追加/削除する

テーブルの列にNOT NULL制約を追加/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (N ...
ORACLE

[PL/SQL] WHILE文を使う

PL/SQLでのWHILE文サンプルです。 構文 (WHILE構文) WHILE <条件> LOOP  --繰り返し処理 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 数値の表示桁数を設定する(set numwidth)

数値の表示桁数を設定するには、「numwidth」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show numwid ...

スポンサーリンク