ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 列に一意制約を追加する

投稿日:

列に一意制約(ユニーク制約)を追加するには、ALTER TABLE~ADD CONSTRAINT UNIQUE句を使用します。

構文

(列に一意制約を追加する)
ALTER TABLE テーブル名 ADD [CONSTRAINT 制約名] UNIQUE(列名 [.. 列名]);

制約名は省略可能です。その場合デフォルト制約名(SYS_xxx)が自動で付加されます。

複数列に対して一意制約を設定することも可能です。

サンプル

例)mytbl表の列「col1」に一意制約(制約名:seiyaku01)を設定する

例)mytbl表の列「col1とcol2」に一意制約(制約名:seiyaku02)を設定する

複数列に対しての一意制約は、複合一意制約と呼びます。

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 曖昧検索をする(LIKE)

SQLで曖昧検索をするには、LIKE句を使います。 構文 (LIKE構文) LIKE '<検索パターン>' 検索パターン ...
ORACLE

[SQL*Plus] ログインユーザを確認する(show user)

SQL*Plusでログインユーザを確認するには、show userコマンドを使います。 サンプル 例)ログインユーザ名を ...
ORACLE

[ORACLE] ロールに付与されている権限を確認する

ロールに付与されている権限を確認するには、ROLE_SYS_PRIVSを検索すればOKです。 サンプル 例)ロールに付与 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 自動コミットを設定する(set autocommit)

自動コミットを設定するには、「autocommit」システム変数を使用します。 構文 (表示構文) show autoc ...
ORACLE

[PL/SQL] ROWTYPE型をINSERTする

ROWTYPE型で定義した値を、そのままINSERTするサンプルです。 サンプル 例)SAMPLE_TBLテーブルにRO ...

スポンサーリンク