ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブルから制約を削除する

投稿日:

テーブルから制約を削除するには、ALTER TABLE~DROP CONSTRAINT句を使用します。

構文

(制約を削除する)
ALTER TABLE テーブル名 DROP CONSTRAINT 制約名;

サンプル

例)mytbl表から、制約(制約名:seiyaku01)を削除する

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-01789: 問合せブロックにある結果の列数が正しくありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01789: 問合せブロックにある結果の列数が正しくありません (英語) ...
ORACLE

[ORACLE関数] 検索条件に正規表現を使う(REGEXP_LIKE)

検索条件に正規表現を使ったサンプルです。 サンプル 例)user_cdにB、Eが含まれるものを検索する [crayon- ...
ORACLE

[ORACLE] PROFILEを作成する

プロファイルを作成するサンプルです。 サンプル 例)プロファイル「PRO01」を作成する [crayon-5d5f393 ...
ORACLE

[ORACLE] 割り算の余りを求める(MOD)

割り算の余りを求めるには、MOD関数を使用します。 サンプル 例)10÷3の余りを求める 実行例 SQL> sel ...
ORACLE

[ORACLE] データファイルを削除する

データファイルを削除するサンプルです。 サンプル 例)表領域「tbs01」のデータファイル「C:¥ORACLE& ...

スポンサーリンク