ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブルから制約を削除する

投稿日:

テーブルから制約を削除するには、ALTER TABLE~DROP CONSTRAINT句を使用します。

構文

(制約を削除する)
ALTER TABLE テーブル名 DROP CONSTRAINT 制約名;

サンプル

例)mytbl表から、制約(制約名:seiyaku01)を削除する

解説

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] JSON文字列をINSERT/SELECTする

Oracle12c(12.1)から、JSON形式のデータをカラムに登録して内容を簡単に検索することができます。 JSON ...
ORACLE

[SQL] 検索結果のグループ化を行う(GROUP BY)

検索結果のグループ化を行うには、GROUP BY句を使用します。 サンプルソース 例)bumon_cd単位の件数を取得す ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00001: 一意制約に反しています

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00001: 一意制約(XXX.XXX)に反しています (英語) ORA ...
ORACLE

[V$表] セッションの情報を取得する(V$SESSION)

セッションの情報を参照するには、V$SESSIONビューを参照します。 V$SESSIONの定義 V$SESSIONの定 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-01789: 問合せブロックにある結果の列数が正しくありません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01789: 問合せブロックにある結果の列数が正しくありません (英語) ...

スポンサーリンク