ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブルに設定されている制約を確認する

投稿日:2017年9月10日 更新日:

テーブルに設定されている制約を確認するには、CONSTRAINTSデータディクショナリビューを検索すればOKです。

サンプル

例)mytblテーブルに設定されている制約を確認する

実行例
CONSTRAINT_NAME C ---------------- - PK_MYTBL P UQ1_MYTBL U

制約タイプの意味は以下の通りです。

意味
P主キー制約
U一意制約
R外部キー制約
Cチェック制約

解説

  • WHERE句に指定するテーブル名は、必ず大文字で指定してください。
  • CONSTRAINTSデータディクショナリビューについては、以下ページをご覧ください。
    制約の情報を取得する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 既存テーブルを元に新規にテーブルを作成する

すでに存在するテーブルを元に新規にテーブルを作成するサンプルです。 構文 (既存テーブルを元に新規テーブルを作成する) ...
ORACLE

[SQL*Plus] プロシージャ作成時のエラー内容を表示する(show errors)

プロシージャ作成時のエラー内容を表示するには、show errorsを使用します。 構文 (エラー内容表示構文) sho ...
ORACLE

[データディクショナリ] ストアドオブジェクトのエラー情報を取得する

ストアドオブジェクトのエラー情報を参照するには、XXX_ERRORSデータディクショナリビューを参照します。 XXX_E ...
ORACLE

[V$表] 制御ファイルの情報を取得する(V$CONTROLFILE)

制御ファイルの情報を参照するには、V$CONTROLFILEビューを参照します。 V$CONTROLFILEの定義 V$ ...
ORACLE

[データディクショナリ] データベースファイルの情報を取得する

データベースファイルの情報を参照するには、 DBA_DATA_FILESデータディクショナリビューを参照します。 DAT ...

スポンサーリンク