ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] テーブルに設定されている制約を確認する

投稿日:2017年9月10日 更新日:

テーブルに設定されている制約を確認するには、CONSTRAINTSデータディクショナリビューを検索すればOKです。

サンプル

例)mytblテーブルに設定されている制約を確認する

実行例
CONSTRAINT_NAME C ---------------- - PK_MYTBL P UQ1_MYTBL U

制約タイプの意味は以下の通りです。

意味
P主キー制約
U一意制約
R外部キー制約
Cチェック制約

解説

  • WHERE句に指定するテーブル名は、必ず大文字で指定してください。
  • CONSTRAINTSデータディクショナリビューについては、以下ページをご覧ください。
    制約の情報を取得する

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] 2つのSELECT結果の重複分を抽出する(INTERSECT)

2つのSELECT結果の重複分を抽出するには、INTERSECTを使用します。 INTERSECTは集合演算子のひとつで ...
ORACLE

[SQL*Plus] よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする

よく使うSQLを用意しておいて簡単に呼び出せるようにする方法です。 手順 1.テンプレートを置いておくフォルダを作成する ...
ORACLE

[ORACLE] 最近実行されたSQLを確認する

最近実行されたSQLを確認するSQL文のサンプルです。 サンプル 例)最近実行されたSQLを確認する [crayon-5 ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルを削除する(DROP TABLE)

テーブルを削除するには、DROP TABLE文を使用します。 構文 (テーブルを削除する) DROP TABLE <テー ...
ORACLE

[データディクショナリ] DIRECTORYの情報を取得する

DIRECTORY(ディレクトリ)の情報を参照するには、 DIRECTORIESデータディクショナリビューを参照します。 ...

スポンサーリンク