ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 列にNOT NULL制約を追加/削除する

投稿日:

テーブルの列にNOT NULL制約を追加/削除するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。

構文

(NOT NULL制約を追加する)
ALTER TABLE テーブル名 MODIFY 列名 NOT NULL;
(NOT NULL制約を削除する)
ALTER TABLE テーブル名 MODIFY 列名 NULL;

サンプル

例)テーブル「mytbl」の列「col1」にNOT NULL制約を追加する

実行結果
SQL> ALTER TABLE mytbl MODIFY col1 NOT NULL; 表が変更されました。

例)テーブル「mytbl」の列「col1」のNOT NULL制約を削除する

実行結果
SQL> ALTER TABLE mytbl MODIFY col1 NULL; 表が変更されました。

解説

  • NOT NULL制約を追加する時は、対象列にNULLが存在しない状態にしておく必要があります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク