ORACLE機能 PL/SQL 標準パッケージ

[DBMSパッケージ] エラーのトレース内容を出力する

投稿日:

エラーのトレース内容を出力するには、DBMS_UTILITY.FORMAT_ERROR_BACKTRACEを使用します。

サンプルソース

例)例外内容を出力するプロシージャ

DBMS_OUTPUT.PUT_LINEでコンソールに出力するには、「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。


実行結果
SQL> exec P_TEST ORA-06512: "SCOTT.P_TEST", 行6 PL/SQLプロシージャが正常に終了しました。 SQL>

解説

  • エラーをキャッチしてからトレース内容を出力したい場合に便利です。
  • トレース内容には行番号も含まれるため、デバッグ時に大変役立ちます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL, 標準パッケージ

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-42399: 読取り専用ビューではDML操作を実行できません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-42399: 読取り専用ビューではDML操作を実行できません (英語) ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列から正規表現に合致した箇所を取り出す(REGEXP_SUBSTR)

文字列から正規表現に合致した箇所を取り出すには、REGEXP_SUBSTR関数を使用します。 構文 (REGEXP_SU ...
ORACLE

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを完全に削除する(PURGE RECYCLEBIN)

リサイクルビンからテーブルを完全に削除するには、purge recyclebinコマンドを使用します。 サンプル まずは ...
ORACLE

[ORACLE] ビューを作成・変更・削除する

ビューを作成・変更・削除するサンプルです。 ビューを作成・変更する ビューを作成/変更するには、CREATE VIEW句 ...
ORACLE

[PL/SQL] IF文を使う

PL/SQLでのIF文サンプルです。 構文 (IF文の構文) IF <条件1> THEN  <条件1がTRUEの時の処理 ...

スポンサーリンク