ORACLE機能 SQL

[SQL] DECODE句を使って値ごとの件数を取得する

投稿日:

DECODE句を使って列の値ごとの件数を取得するサンプルです。

サンプルソース

例)M_TBLテーブルのkbn列の値ごとの件数を取得する

実行例
A B C D ---- ---- ---- ---- 35 4 10 28

解説

  • DECODEで対象としたい条件で絞り込みCOUNTでカウントすれば値ごとの件数を取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 排他制御に使用する日時文字列パターン

システムで排他制御に日時文字列を使用することが多いですが、オラクルから日時文字列を取得する場合のパターン例です。 サンプ ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザのデフォルト表領域を確認する

ユーザのデフォルト表領域を確認するSQLです。 サンプル 例)ユーザ「taro」のデフォルト表領域を確認する [cray ...
ORACLE

[SQL*Plus] データベースに接続せず、SQL*Plusのみ起動する

データベースに接続せず SQL*Plusのみ起動するには、/nologオプションを使用します。 サンプル 例)SQL*P ...
ORACLE

[ORACLE] sqlplus接続時に接続文字列ではなく、IPやSIDで接続する

sqlplusでデータベースに接続する時に、通常はtnsnames.oraに設定した接続文字列で接続しますが、接続文字列 ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列中の文字を置き換える(REPLACE)

文字列中の文字を置き換えるには、REPLACE関数を使用します。 構文 (REPLACE構文) REPLACE(<対象文 ...

スポンサーリンク