ORACLE機能 SQL

[SQL] DECODE句を使って値ごとの件数を取得する

投稿日:

DECODE句を使って列の値ごとの件数を取得するサンプルです。

サンプルソース

例)M_TBLテーブルのkbn列の値ごとの件数を取得する

実行例
A B C D ---- ---- ---- ---- 35 4 10 28

解説

  • DECODEで対象としたい条件で絞り込みCOUNTでカウントすれば値ごとの件数を取得できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] ユーザのロックを解除する

パスワードを規定数以上間違えたなどでアカウントがロックされた場合に、ロック状態を解除するサンプルです。 サンプル 例)ユ ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオフに変更する

表領域の自動拡張をオフに変更するサンプルです。 自動拡張の設定はデータファイル単位に行うため、データファイルの設定を変更 ...
ORACLE

[ORACLE] オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得する

オラクルサーバとクライアントのバージョンを取得するサンプルです。 オラクルサーバのバージョンを取得する サーバ側のバージ ...
ORACLE

[ORACLE] ROWNUMと*を同時に検索する

*で全件検索する時に、ROWNUM等を同時に検索したい場合のサンプルです。 サンプル 例)ROWNUMとM_USERテー ...
ORACLE

[ORACLE] PROFILEを作成する

プロファイルを作成するサンプルです。 サンプル 例)プロファイル「PRO01」を作成する [crayon-5e58431 ...

スポンサーリンク