ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] NESTED TABLE配列の要素を削除する(DELETE)

投稿日:

NESTED TABLE配列の要素を削除するには、DELETEを使用します。

サンプル

例)NESTED TABLE配列の2番目の要素を削除する

実行例
SQL> exec p_sample 1 3 4 5 PL/SQLプロシージャは正常に完了しました。 SQL>

実行前に「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

DELETEのメソッド

DELETEメソッドは、以下のような引数を指定できます。

.DELETE要素を全て削除する
.DELETE(n)インデックス番号nの要素を削除する
.DELETE(n, m)インデックス番号n~mの要素を削除する

解説

  • DELETEで要素を削除しても、インデックス番号は振りなおされず、その番号は空き番となります。
  • DELETEで削除したインデックスにアクセスするとエラーとなるので、EXISTSで判定してからアクセスすると安全です。(上記サンプルの26行目参照)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[V$表] 初期化パラメータの情報を取得する(V$PARAMETER)

初期化パラメータの情報を参照するには、V$PARAMETERビューを参照します。 V$PARAMETERの定義 V$PA ...
ORACLE

[データディクショナリ] 表の統計情報変更履歴を取得する

表の統計情報変更履歴を参照するには、XXX_TAB_STATS_HISTORYデータディクショナリビューを参照します。 ...
ORACLE

[ORACLE] リサイクルビンからテーブルを完全に削除する(PURGE RECYCLEBIN)

リサイクルビンからテーブルを完全に削除するには、purge recyclebinコマンドを使用します。 サンプル まずは ...
ORACLE

[PL/SQL] コメントを付ける

PL/SQLでコメントを付けるサンプルです。 構文 (1行コメント) -- コメント (複数行コメント) /* コメント ...
ORACLE

[ORACLE] データベースファイル作成時のデフォルトの場所を調べる

データベースファイル作成時のデフォルトの場所を確認するサンプルです。 サンプル 例)データベースファイル作成時のデフォル ...

スポンサーリンク