ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] NESTED TABLE配列の要素を削除する(DELETE)

投稿日:

NESTED TABLE配列の要素を削除するには、DELETEを使用します。

サンプル

例)NESTED TABLE配列の2番目の要素を削除する

実行例
SQL> exec p_sample 1 3 4 5 PL/SQLプロシージャは正常に完了しました。 SQL>

実行前に「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

DELETEのメソッド

DELETEメソッドは、以下のような引数を指定できます。

.DELETE要素を全て削除する
.DELETE(n)インデックス番号nの要素を削除する
.DELETE(n, m)インデックス番号n~mの要素を削除する

解説

  • DELETEで要素を削除しても、インデックス番号は振りなおされず、その番号は空き番となります。
  • DELETEで削除したインデックスにアクセスするとエラーとなるので、EXISTSで判定してからアクセスすると安全です。(上記サンプルの26行目参照)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] シノニムの参照先オブジェクトを調べる

シノニムの参照先オブジェクトを調べるサンプルSQLです。 サンプル 例)シノニム名「syn01」の参照先を表示する [c ...
ORACLE

[SQL*Plus] EDIT機能を使う

EDIT機能を使うと、SQL*Plus上でストアドを修正しながら実行するといった事が可能で、とても効率よく開発することが ...
ORACLE

[ORACLE関数] 数値をカンマ編集する(TO_CHAR)

数値をカンマ編集するには、TO_CHAR関数を使用すればOKです。 構文 (数値をカンマ編集する) TO_CHAR(<対 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00932:データ型が一致しません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00932: データ型が一致しません ORA-00932: データ型が一 ...
ORACLE

[集計関数] 合計値を求める(SUM)

検索結果を集計して合計値を求めるには、SUMを使用します。 サンプル 以下のテーブルを例にします。 【M_SCORE】 ...

スポンサーリンク