ORACLE機能 PL/SQL

[PL/SQL] 配列(NESTED TABLE)の要素が存在するかどうか判定する(EXISTS)

投稿日:

配列(NESTED TABLE)の要素が存在するかどうかを判定するには、EXISTSを使用します。

サンプル

例)EXISTSを使ったサンプル

実行例
SQL> exec p_sample 1 3 4 5 PL/SQLプロシージャは正常に完了しました。 SQL>

実行前に「set serveroutput on」を実行しておく必要があります。

EXISTSのメソッド

EXISTSメソッドの引数と戻り値は以下の通りです。

.EXISTS(n)インデックス番号nの要素が存在するかどうか
 戻り値 ⇒ true:存在する false:存在しない

解説

  • 配列(NESTED TABLE)ではDELETEで要素を削除してもインデックス番号は振りなおされず、その番号は空き番となります。そのため要素にアクセスする時はEXISTSで判定してからアクセスした方が安全です。
    (DELETEされた要素にアクセスすると例外が発生します。)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, PL/SQL
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] 検索結果の件数を表示する(set feedback)

検索結果の件数を表示するには、feedbackを設定します。 構文 (構文) set feedback [on|off| ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-12541: TNS: リスナーがありません。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12541: TNS: リスナーがありません。 (英語) ORA-125 ...
ORACLE

[V$表] ライセンス制限の情報を取得する(V$LICENSE)

ライセンス制限の情報を参照するには、V$LICENSEビューを参照します。 V$LICENSEの定義 V$LICENSE ...
ORACLE

[ORACLE] 排他ロックを行う(for update nowait)

排他ロックをかけるには、for update または、for update nowaitを使います。 構文 排他ロックに ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域に対応するデータファイルを確認する

表領域に対応するデータファイルを確認するサンプルです。 サンプル 例)表領域に対応するデータファイルを確認するSQL [ ...

スポンサーリンク