ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオフに変更する

投稿日:2018年10月3日 更新日:

表領域の自動拡張をオフに変更するサンプルです。

自動拡張の設定はデータファイル単位に行うため、データファイルの設定を変更します。

構文

(表領域の自動拡張をオフに変更する構文)
ALTER DATABASE DATAFILE '<データファイルパス>' AUTOEXTEND OFF;

サンプル

例)データファイル「C:¥ORACLE¥DATA¥TBS01.dbf」の自動拡張をオフにする

実行例
C:¥>ALTER DATABASE DATAFILE 'C:¥ORACLE¥DATA¥TBS01.dbf' AUTOEXTEND OFF; データベースが変更されました。

補足

関連項目


スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-,

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサーリンク