ORACLE機能 ORACLE関数

[ORACLE関数] 現在日時を取得する(sysdate、systimestamp)

投稿日:2017年3月20日 更新日:

現在日付や日時を取得するには、sysdate または systimestamp を使用します。

構文

(現在日時をDATE型で取得する場合)
SELECT sysdate FROM dual;
(現在日時をTIMESTAMP型で取得する場合)
SELECT systimestamp FROM dual;

サンプルソース

例)Date型で現在日時を取得する

結果
SYSDATE ---------- 2017-03-15

フォーマット形式省略時は、NLS_DATABASE_PARAMETERS.NLS_DATE_FORMATに設定されたフォーマット形式で表示されます。

例)現在日時を'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS FF'形式の文字列で取得する

結果
TO_CHAR(SYSTIMESTAMP, 'YYYY/MM/DD HH24:MI:SS FF') -------------------------- 2017/03/15 20:47:35 435000

メモ

  • INSERT文やUPDATE文のvalue値に直接指定することもできます。
    (例)UPDATE testtbl SET upd_date = sysdate;

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORACLE関数
-

執筆者:


  1. […] [ORACLE関数] 現在日時を取得する(sysdate、systimestamp) […]

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE関数] 指定桁数まで文字を埋める(LPAD, RPAD)

指定した桁数になるように、指定した文字で埋めるにはLPADまたはRPADを使用します。 構文 (左側を埋める場合) LP ...
ORACLE

[ORACLE] ORAエラー番号からメッセージを確認する(sqlerrm)

ORAエラー番号からメッセージを確認したい場合は、sqlerrmを使用します。 サンプル 例)ora-00942のメッセ ...
ORACLE

[PL/SQL] ストアドを再コンパイルする

パッケージやプロシージャを再コンパイルするには、 ALTER PROCEDURE文 / ALTER PACKAGE文を使 ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオンに変更する

表領域の自動拡張をオンに変更するサンプルです。 自動拡張の設定は表領域単位ではなくデータファイル単位で行うため、  デー ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域にデータファイルを追加する

表領域にデータファイルを追加するSQLです。 構文 例)表領域にデータファイルを追加するSQL [crayon-5d0a ...

スポンサーリンク