ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] シノニムの参照先オブジェクトを調べる

投稿日:

シノニムの参照先オブジェクトを調べるサンプルSQLです。

サンプル

例)シノニム名「syn01」の参照先を表示する

参照先オブジェクトのスキーマ名とオブジェクト名が表示されます。

解説

  • シノニムの情報を表示するには、ALL_SYNONYMSデータディクショナリビューを参照すればOKです。
    (DBA_SYNONYMS、USER_SYNONYMSでもOK)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-01779: キー保存されていない表にマップする列は変更できません

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-01779: キー保存されていない表にマップする列は変更できません (英 ...
ORACLE

[PL/SQL] コメントを付ける

PL/SQLでコメントを付けるサンプルです。 構文 (1行コメント) -- コメント (複数行コメント) /* コメント ...
ORACLE

[V$表] ライセンス制限の情報を取得する(V$LICENSE)

ライセンス制限の情報を参照するには、V$LICENSEビューを参照します。 V$LICENSEの定義 V$LICENSE ...
ORACLE

[ORACLE] オブジェクトの作成日時、更新日時を取得する

オブジェクトの作成日時、更新日時を取得するSQL文です。 サンプル 例)ログインユーザが保持する全てのオブジェクトの作成 ...
ORACLE

[ORACLE] ネットワークの接続テストを行う(tnsping)

オラクルの接続文字列が正しくネットワーク接続できるかどうか確認するには、 tnspingコマンドを使用します。 構文 ( ...

スポンサーリンク