ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] シノニムの参照先オブジェクトを調べる

投稿日:

シノニムの参照先オブジェクトを調べるサンプルSQLです。

サンプル

例)シノニム名「syn01」の参照先を表示する

参照先オブジェクトのスキーマ名とオブジェクト名が表示されます。

解説

  • シノニムの情報を表示するには、ALL_SYNONYMSデータディクショナリビューを参照すればOKです。
    (DBA_SYNONYMS、USER_SYNONYMSでもOK)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] ランダムに検索する

テーブルからデータをランダムに検索するサンプルです。 サンプル 例1)M_USERテーブルから10件ランダムに検索する ...
ORACLE

[データディクショナリ] ユーザの情報を取得する

ユーザ(USER)の情報を参照するには、 USERSデータディクショナリビューを参照します。 USERSデータディクショ ...
ORACLE

[サンプル共通関数] 現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFunction

現在日付をYYYYMMDD型式の文字列で返すFUNCTIONサンプルです。 サンプルソース 例)現在日付をYYYYMMD ...
ORACLE

[ORACLE関数] 文字列の前後空白を取り除く(TRIM, LTRIM, RTRIM)

文字列の前後空白を取り除くには、TRIMまたはLTRIMまたはRTRIMを使用します。 前後の空白を取り除く場合はTRI ...
ORACLE

[ORACLE] シングルクォーテーションを出力する

オラクルでシングルクォーテーションを出力する方法2パターンです。 SQL文で文字列を出力するには、シングルクォーテーショ ...

スポンサーリンク