ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] ユーザのパスワード有効期限を無期限にする

投稿日:

ユーザのパスワード有効期限を、無期限にする手順です。

1.対象のプロファイル確認する

まずは、ユーザに設定されているプロファイルを確認します。

① ユーザ「taro」が使用しているプロファイルを確認する

実行例
USERNAME PROFILE ----------- ------------ TARO DEFAULT

※以下SQLで現在設定されている有効期限を確認できます。

② DEFAULTプロファイルのパスワード有効期限を確認する

DEFAULTプロファイル以外の場合は、'DEFAULT'の箇所を①で確認したプロファイル名に読み替えてください。

実行例
PROFILE RESOURCE_NAME RESOURCE_TYPE LIMIT COMMON ---------- ------------------- -------------- ---------- --------- DEFAULT PASSWORD_LIFE_TIME PASSWORD UNLIMITED NO

LIMITが'UNLIMITED'の場合は無期限、180の場合は180日に設定されています。

2.パスワードの有効期限を無期限にする

手順1で、対象のプロファイルを確認したら以下SQLを実行します。

例)DEFAULTプロファイルのパスワードを無期限とするSQL

DEFAULTプロファイル以外の場合は、DEFAULTの箇所を上記「対象のプロファイル確認する」で確認したプロファイル名に読み替えてください。

解説

  • Oracle11g以降では、ログインパスワードの有効期限はデフォルトで180日となっています。
  • 同じプロファイルを使用している全てのユーザの有効期限が無期限になりますので、問題ないことを確認の上実行してください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] ループ処理中にスキップする(CONTINUE)

ループ処理中にカレント処理をスキップして次のループ処理を行うには、 CONTINUEを使用します。 サンプル 以下2つの ...
ORACLE

[ORACLE] テーブル列の型やサイズを変更する

列の型やサイズを変更するには、ALTER TABLE~MODIFY句を使用します。 構文 (列を定義変更する構文) AL ...
ORACLE

[SQL*Plus] オラクルにログインする

SQL*Plusでオラクルにログインするには、sqlplusコマンドを使用します。 構文 (sqlplusコマンドの構文 ...
ORACLE

[データディクショナリ] トリガーの情報を取得する

トリガーの情報を参照するには、 TRIGGERSデータディクショナリビューを参照します。 TRIGGERSデータディクシ ...
ORACLE

[ORACLE関数] グループ単位で順位を飛ばして順位を付ける(RANK~PARTITION BY)

検索結果をグループ単位で順位を飛ばして順位を付けるには、RANK~PARTITION BY句を使用します。 順位を飛ばし ...

スポンサーリンク