ORACLE機能 SQL*Plus

[SQL*Plus] SELECT結果をファイルに出力する(spool)

投稿日:2017年2月21日 更新日:

SELECT結果をファイルに出力するには、spoolを使用します。

構文

(スプール開始構文)
spool ファイル名 [CREATE|APPEND]
CREATEファイルを新規作成する
※既に存在する場合はエラー
APPENDファイルを追記する
※ファイルが存在しない場合は新規作成

(スプール終了構文)
spool off

サンプル

例)実行結果を、aa.txtファイルに出力する

サンプル
SQL> spool "c:¥aa.txt" SQL> select * from m_user where cd = 100;   CD NAME ----- ---------------------- 100 SUZUKI   SQL> spool off SQL>
(結果)aa.txt
SQL> select * from m_user where cd = 100;   CD NAME ---------------------------- 100 SUZUKI SQL> spool off

メモ

  • 開始したい時点で「spool <ファイル名>」を実行します。
  • 終了したい時点で「spool off」を実行します。
  • spool ~ spool off 間に実行したSQLと結果が出力されます。
  • spool状態を確認するには、「show spool」コマンドで確認できます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, SQL*Plus
-

執筆者:



comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク