ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] SAVEPOINTを使用する

投稿日:

SAVEPOINTを使用するサンプルです。

セーブポイントを使うと、部分的にロールバックをすることができます。

サンプル

例)セーブポイントを使った流れのサンプル

結果、処理1の結果のみコミットされます。

解説

  • セーブポイントを作りたい箇所で、「SAVEPOINT <セーブポイント名>」を実行するとセーブポイントが作成されます。
  • セーブポイント名は自由に決めて頂いて構いません。
  • セーブポイントまで戻したい箇所で、「ROLLBACK TO <セーブポイント名>」を実行すると指定した場所までROLLBACKされます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[PL/SQL] FOR文を使う

PL/SQLでのFOR文サンプルです。 構文 (開始値→終了値 順にループする) FOR <変数> IN <開始値> . ...
ORACLE

[データディクショナリ] トリガーの情報を取得する

トリガーの情報を参照するには、 TRIGGERSデータディクショナリビューを参照します。 TRIGGERSデータディクシ ...
ORACLE

[ORACLE関数] 指定した単位でMAX値を取得する(MAX~OVER)

指定した単位でMAX値を取得するには、MAX~OVER句を使用します。 サンプル 以下のテーブルを使用します。 【T_S ...
ORACLE

[データディクショナリ] 権限の付与状況を表示する

権限の付与状況を表示するには、 XXX_TAB_PRIVSデータディクショナリビューを参照します。 XXX_TAB_PR ...
ORACLE

[ORAエラー] PLS-00201: 識別子DBMS_LOCKを宣言してください。

以下のように表示されます。 (日本語) PLS-00201: 識別子DBMS_LOCKを宣言してください。 (英語) P ...

スポンサーリンク