ORACLE機能 ORAエラー

[ORAエラー] ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です

投稿日:

以下のように表示されます。

(日本語)
ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です
(英語)
ORA-01438: value larger than specified precision allowed for this column

発生パターン

このエラーは以下のような場合に発生します。

  • カラムの桁数を超える値をセットしようとした
エラー例
SQL> update m_test set col1 = 999; update m_test set col1 = 999 * 行1でエラーが発生しました。: ORA-01438: この列に許容される指定精度より大きな値です

col1はNUMBER(2,0)の想定です。

対処法

  • カラムの桁数を増やす
  • セットする値の桁を小さくする

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, ORAエラー

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL] SELECT文の中で条件判定を行う(DECODE)

SELECT文の中で条件分岐を行うには、DECODE関数を使用します。 構文 DECODEの構文は以下の通りです。 (構 ...
ORACLE

[ORACLE関数] グループ単位で順位を飛ばさずに順位を付ける(DENSE_RANK~PARTITION BY)

検索結果をグループ単位で順位を飛ばさずに順位を付けるには、DENSE_RANK~PARTITION BY句を使用します。 ...
ORACLE

[ORACLE] ORAエラー番号からメッセージを確認する(sqlerrm)

ORAエラー番号からメッセージを確認したい場合は、sqlerrmを使用します。 サンプル 例)ora-00942のメッセ ...
ORACLE

[SQL] 横持ちのテーブルから縦持ちのデータで検索する

横持ちのテーブルから縦持ちのデータで検索するサンプルです。 サンプル 以下のような横持ちのテーブルをサンプルとします。 ...
ORACLE

[SQL] 曖昧検索をする(LIKE)

SQLで曖昧検索をするには、LIKE句を使います。 構文 (LIKE構文) LIKE '<検索パターン>' 検索パターン ...

スポンサーリンク