ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] テーブルの情報を取得する

投稿日:2017年3月11日 更新日:

TABLE(表)の情報を参照するには、
TABLESデータディクショナリビューを参照します。

TABLESデータディクショナリの種類

TABLESデータディクショナリビューには以下3種類があります。

【TABLESデータディクショナリビューの種類】
DBA_TABLES全てのTABLE情報を対象とする ※権限が必要
ALL_TABLESログインユーザが参照可能なTABLEを対象とする
USER_TABLESログインユーザが保持するTABLEを対象とする

TABLESデータディクショナリの定義

TABLESデータディクショナリの定義です。

(DBA_TABLES/ALL_TABLES/USER_TABLESの違いは、OWNER列のありなしのみです。)

【TABLESデータディクショナリ】
列名メモ
OWNERVARCHAR2(30)テーブルの所有者
※DBA_TABLES/ALL_TABLESのみ
TABLE_NAMEVARCHAR2(30)テーブル名 ※大文字
TABLESPACE_NAMEVARCHAR2(30)表領域名
CLUSTER_NAMEVARCHAR2(30)
IOT_NAMEVARCHAR2(30)
STATUSVARCHAR2(8)ステータス
(VALID:使用可 UNUSABLE:使用不可)
PCT_FREENUMBER
PCT_USEDNUMBER
INI_TRANSNUMBER
MAX_TRANSNUMBER
INITIAL_EXTENTNUMBER
NEXT_EXTENTNUMBER
MIN_EXTENTSNUMBER
MAX_EXTENTSNUMBER
PCT_INCREASENUMBER
FREELISTSNUMBER
FREELIST_GROUPSNUMBER
LOGGINGVARCHAR2(3)
BACKED_UPVARCHAR2(1)
NUM_ROWSNUMBER
BLOCKSNUMBER
EMPTY_BLOCKSNUMBER
AVG_SPACENUMBER
CHAIN_CNTNUMBER
AVG_ROW_LENNUMBER
AVG_SPACE_FREELIST_BLOCKSNUMBER
NUM_FREELIST_BLOCKSNUMBER
DEGREEVARCHAR2(10)
INSTANCESVARCHAR2(10)
CACHEVARCHAR2(5)
TABLE_LOCKVARCHAR2(8)
SAMPLE_SIZENUMBER
LAST_ANALYZEDDATE統計情報を最後に更新した日時
PARTITIONEDVARCHAR2(3)
IOT_TYPEVARCHAR2(12)
TEMPORARYVARCHAR2(1)
SECONDARYVARCHAR2(1)
NESTEDVARCHAR2(3)
BUFFER_POOLVARCHAR2(7)
FLASH_CACHEVARCHAR2(7)
CELL_FLASH_CACHEVARCHAR2(7)
ROW_MOVEMENTVARCHAR2(8)
GLOBAL_STATSVARCHAR2(3)
USER_STATSVARCHAR2(3)
DURATIONVARCHAR2(15)
SKIP_CORRUPTVARCHAR2(8)
MONITORINGVARCHAR2(3)
CLUSTER_OWNERVARCHAR2(30)
DEPENDENCIESVARCHAR2(8)
COMPRESSIONVARCHAR2(8)
COMPRESS_FORVARCHAR2(12)
DROPPEDVARCHAR2(3)
READ_ONLYVARCHAR2(3) 読み取り専用かどうか
(Y:読取専用 N:読取専用でない)
SEGMENT_CREATEDVARCHAR2(3)
RESULT_CACHEVARCHAR2(7)

サンプル

TABLESデータディクショナリビューを検索するサンプルです。

メモ

  • TABLE_NAMEを検索条件とする場合、TABLE名は必ず大文字で指定してください。
  • DBA_TABLESを検索する場合は、すべてのTABLEを参照する権限が必要です。
  • USER_TABLESは、「TABS」シノニムでもアクセス可能です。 (例)SELECT * FROM TABS;

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORACLE] 検索結果から範囲を指定して抽出する(ROWNUM)

検索結果から範囲を指定して抽出するには、ROWNUMを使用します。 ROWNUMはどのテーブルにも標準で存在する列です。 ...
ORACLE

[ORAエラー] ORA-00918: 列の定義が未確定です。

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-00918: 列の定義が未確定です。 (英語) ORA-00918: c ...
ORACLE

[SQL] キーが存在すれば更新、無ければ挿入を行う(MERGE文)

MERGE文の書き方です。 MERGE文はキーが存在すれば更新、無ければ挿入を行うという処理を 1文で記載するSQLです ...
ORACLE

[PL/SQL] カーソルでFOR~IN処理を行う(暗黙カーソル)

FOR~IN構文を使ってカーソル処理を行うサンプルです。 このカーソル処理は、暗黙カーソルと呼びます。 サンプル 【te ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルの表領域名を取得する

テーブル名とテーブルが所属する表領域名を一覧で表示するには、USER_TABLESデータディクショナリを検索すればOKで ...

スポンサーリンク