ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] タブ文字や改行文字などの特殊文字を使用する

投稿日:

タブ文字や改行文字などの特殊文字をINSERT、UPDATEしたい場合は、CHR()関数を使用します。

サンプル

例)タブ文字をINSERTする

例)改行文字でUPDATEする

例)タブ文字をSELECTする

主要特殊文字コード

【特殊文字コード】
特殊文字記述備考
タブ文字CHR(9)
改行文字(CR+LF)CHR(13) || CHR(10)※Windows系の改行コードです。
改行文字(LF)CHR(10)※UNIX系の改行コードです。
改行文字(CR)CHR(13)※Mac系の改行コードです。

解説

  • 普通に入力できる文字をCHR関数で指定することも可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[DBMSパッケージ] スケジューラジョブを削除する

スケジューラジョブを削除したい場合は、 DBMS_SCHEDULER.DROP_JOBパッケージを使用します。 サンプル ...
ORACLE

[ORACLE] 表領域の自動拡張をオフに変更する

表領域の自動拡張をオフに変更するサンプルです。 自動拡張の設定はデータファイル単位に行うため、データファイルの設定を変更 ...
ORACLE

[ORACLE] 列名を変更する(ALTER TABLE~RENAME COLUMN)

テーブルの列名を変更するには、ALTER TABLE~RENAME COLUMNを使用します。 構文 (列名変更構文) ...
ORACLE

[ORACLE] データファイルを削除する

データファイルを削除するサンプルです。 サンプル 例)表領域「tbs01」のデータファイル「C:¥ORACLE& ...
ORACLE

[ORACLE] SYNONYM(別名)を作成する

シノニムは、テーブルやストアドなどのオブジェクトに付けた別名のことです。 シノニムを作成すると、シノニム名でオブジェクト ...

スポンサーリンク