ORACLE操作 ORACLE機能

[ORACLE] タブ文字や改行文字などの特殊文字を使用する

投稿日:

タブ文字や改行文字などの特殊文字をINSERT、UPDATEしたい場合は、CHR()関数を使用します。

サンプル

例)タブ文字をINSERTする

例)改行文字でUPDATEする

例)タブ文字をSELECTする

主要特殊文字コード

【特殊文字コード】
特殊文字記述備考
タブ文字CHR(9)
改行文字(CR+LF)CHR(13) || CHR(10)※Windows系の改行コードです。
改行文字(LF)CHR(10)※UNIX系の改行コードです。
改行文字(CR)CHR(13)※Mac系の改行コードです。

解説

  • 普通に入力できる文字をCHR関数で指定することも可能です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE操作, ORACLE機能
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[ORAエラー] ORA-12154: TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした

以下のように表示されます。 (日本語) ORA-12154: TNS: 指定された接続識別子を解決できませんでした (英 ...
ORACLE

[SQL*Plus] 画面をクリアする(clear screen)

SQL*Plusコンソール画面をクリアするには、clear screenコマンドを使います。 サンプル 例)SQL*Pl ...
ORACLE

[ORACLE] ユーザを作成・変更・削除する

ユーザを作成・変更・削除するサンプルです。 ユーザを作成する ユーザを作成するには、CREATE USER句を使用します ...
ORACLE

[PL/SQL] ROWTYPE型をINSERTする

ROWTYPE型で定義した値を、そのままINSERTするサンプルです。 サンプル 例)SAMPLE_TBLテーブルにRO ...
ORACLE

[ORACLE] テーブルの作成日時/更新日時を取得する

テーブルの作成日時/更新日時を取得するサンプルです。 サンプル 例)所有するテーブル全ての作成日時と更新日時を表示する ...

スポンサーリンク