ORACLE機能 データディクショナリ

[データディクショナリ] ストアドなどのソース情報を取得する

投稿日:2017年3月4日 更新日:

プロシージャやファンクションなどのソース情報を取得するには、SOURCEデータディクショナリを検索します。

SOURCEデータディクショナリの種類

SOURCEデータディクショナリには以下3種類あります。

【SOURCEデータディクショナリの種類】
USER_SOURCE自スキーマのストアド等を対象とする場合
ALL_SOURCE自身がアクセスできるストアド等を対象とする場合
DBA_SOURCEすべてのストアド等を対象とする場合

SOURCEデータディクショナリの構成

SOURCEデータディクショナリの構成は以下の通りです。

【USER_SOURCE/ALL_SOURCE/DBA_SOURCEの構成】
カラムメモ
OWNERVARCHAR2所有者(スキーマ名)
※USER_SOURCEにはありません。
NAMEVARCHAR2オブジェクトの名前
TYPEVARCHAR2オブジェクトのタイプ
(PACKAGE, PACKAGE BODY, PROCEDURE, FUNCTION, JAVA SOURCE, TYPE, TYPE BODY, LIBRARY, TRIGGER
LINENUMBER行番号
TEXTVARCHAR2ソース

サンプルコード

例)自スキーマのPKG_TESTパッケージのソースを検索する

例)TAROスキーマのPKG_TESTパッケージのソースを検索する

nameに指定するストアド名等は必ず大文字で指定してください。

メモ

  • 検索できるソースは、PACKAGE, PACKAGE BODY, PROCEDURE, FUNCTION, JAVA SOURCE, TYPE, TYPE BODY, LIBRARY, TRIGGERです。
  • ソースはデータディクショナリ1行に1レコードの型式で格納されています。
  • DBA_SOURCEを検索するには権限が必要です。
  • SQL/Plus で検索する時は、「set pagesize 0」とやっておくと見やすいです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-ORACLE機能, データディクショナリ
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ORACLE

[SQL*Plus] EDIT機能を使う

EDIT機能を使うと、SQL*Plus上でストアドを修正しながら実行するといった事が可能で、とても効率よく開発することが ...
ORACLE

[ORACLE関数] TIMESTAMP型から年月日等の値のみを取得する(EXTRACT)

TIMESTAMP型から年月日等の値のみを取得するには、EXTRACT関数を使用します。 サンプル 例)systimes ...
ORACLE

[標準パッケージ] ファイルを削除する(UTL_FILE.FREMOVE)

ファイルを削除するには、UTL_FILE.FREMOVEを使用します。 構文 (ファイル存在チェックを行う) UTL_F ...
ORACLE

[ORACLE] 同じ構成の2つのテーブルのデータの差分を取得するSQL

同じ構成の2つのテーブルの差分を取得するSQL文です。 サンプルSQL 例)同構成の2つのテーブル「m_dept1」「m ...
ORACLE

[ORACLE] INDEXを削除する

INDEX(索引)を削除するには、DROP INDEX句を使用します。 構文 (インデックスを削除する) DROP IN ...

スポンサーリンク